グアナファトの買い物・お土産なら、ここがオススメ



スポンサーリンク

【2017.12.30-2018.1.12 キューバ・メキシコ】

メキシコは雑貨や小物が可愛くてオシャレ。グアナファトにもメキシコ的デザインセンスの光るカラフルな民芸品や、日用品がたくさん売られています。

今回は特にこのグアナファトで買い物するならという事で、わが家が熱狂した二大お買い物スポットをご紹介します。

民芸品・日用品から食品まで、面白い物がたくさん!イダルゴ市場

グアナファトに興味を持った方なら誰もが知っている市民の台所。古い駅舎の建物内につくられたマーケット。

街全体が観光地なので、市場も完全ローカルな場ではありませんが、わきまえた適度な観光感と、少しのローカル感があり、初心者的にはかなり楽しめます。

カラフルな小物やアクセサリーの類はけっこうかわいいものが多いです。しかも、安い。妻が買っていたピアスとか、日本に帰っても日常で使える。

大まかに1階が日用品と食品や屋台。2階が民芸品やファッション、小物。

変な押し売り感がないので見るだけ可。近寄ったら買わされるようなことはなく、普通にゆっくり見て買い物ができます。

小物いろいろ。ちなみにグアナファトっていうのは先住民の言葉で「カエルの丘」みたいな意味らしい。どうりでカエルグッズ多い。

これは、マンガONE PIECEの読者としては既視感ある絵柄の織物。ヨホホ。

お肉や野菜も、この辺は地元客もけっこう利用するみたい。

種類が豊富で見てて面白い。

ハイセンスな陶器 セルビン焼き

これは、もはや日本人の駐在員とか旅行雑誌でも有名みたいですが、「買い」です。お土産や自宅用にもあるとかなりうれしい。

グアナファトに工房がある、ハビエル・セルビン氏の名がつけられた焼物。細やかな模様とカラフルで吸い込まれるような色味がとても気に入りました。

グアナファト市街地で買うなら、リンコン・アルテサナル (Rincon Artesanal)がおすすめ。

通りに面してるのに入口が分かりづらいです。こんな感じでドアがちょっと開いてるので、覗いて見てください。

品揃えが豊富な上に、店主のおばあちゃんがとてもキュートで素敵な人柄。日本語もかなり積極的に喋ってくれます。たぶんお店を出る頃にはおばあちゃんが大好きになります。

ここまで凝ったデザインのカップなんてけっこういいお値段がしそうですが、

このコーヒーカップが2018年始で225ペソ(1300円くらい)。このクオリティがこの価格でいいの!?

おちょこは1つ125ペソ(700円くらい)

家族へのお土産も含めてけっこう買ってしまいました💦コーヒーカップとおちょこはかなりヘビーユースしております。

その他にフラワーベースとかお皿、茶碗、湯呑みと素敵なものがいっぱいあります。

ちなみに店内は撮影禁止です。

現金だと10%OFFしてくれました。

あと、地味に買って良かったもの

地味によいというか。全般的なところだと個人的なおすすめはハラペーニョソース。レストランや酒場でも何か頼むとついてきます。

このお店で買う!とかのこだわりはそんなになく、その辺お土産ショップで買っても、酸味と辛味のバランスが良くて大概うまいです。

日本ではケチャップやマヨほど馴染みはありませんが意外と何にでも合うというのが今旅の感想。自宅向けのお土産におすすめ。

2 件のコメント

  • こんにちは、ひとつだけ気になったことがあるのでコメントしました。
    紹介されてるリンコン・アルテサナルですが、セルビン焼きの正規の代理店ではです。日本人向けに値段をふっかけてるお店なので、店内写真禁止になってます。
    グアナファトではなくサンミゲルデアジェンデに正規販売店があるので、そちらを紹介されてはいかがでしょうか。

    • コメントありがとうございます。
      設定が良くわからず完全に埋もれてしまっておりました・・・

      あの価格でふっかけ?なのですね??
      正直、かなり安いと感じました。いろいろおまけもつけてくれて☆
      シティで見かけたときはさらに価格が跳ね上がっていたので・・・

      正規販売店でさらに安いとなるとほんとすごいコスパですね!

      サンミゲルデアジェンデも興味はあったのですが
      ちょっとグアナファトから遠くて断念してしまいました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です