グアナファト 宝石箱のような夜景をピピラの丘からタイムラプス撮影

【2017.12.30-2018.1.12 キューバ・メキシコ】

夕暮れから観たい!ピピラの丘から眺めるグアナファト市街

カラフルで可愛い町並み、宝石箱のような町として人気のグアナファト。

そのステキな町が夕景から夜景へと刻々と移り変わって行くゴールデンタイムをピピラの丘から眺める。

夕焼けに照らされるカラフルな町はとてもきれい。期待が高まる中、夜景撮影のポジショニングを、、、とその時、妻がボソっと一言。

「これタイムラプス撮ったら綺麗そう」

え?タイムラプスって?

正直よくわかってなかったんですが、

数秒に1コマずつ撮影した写真を繋げて再生する事でコマ落とし映画みたいな映像にできる機能がiPhoneカメラにもあるんだとか。

長時間撮影したものを数秒にギュッと凝縮したような不思議な動画になるんだそうで、ちょっとずつ移り変わる景色の撮影なんかがまさにうってつけ。

三脚があったらなーなんて言ってましたが、それならばやってみよう!という事で超簡易な自立式?タイムラプス撮影フォームを組んだのでした。

化粧品の小瓶でiPhoneを支えて立たせているだけ(笑)

高台だけあって時々強風がふくのと、はしゃいでいる観光客がうっかり突っ込んでこない事を祈りつつ

卵を暖める親鳥のような愛と慎重さでもってiPhoneを外敵(風と浮かれた観光客)から守ります。

景色が素晴らしいので、はしゃぎたい気持ちも分かる。俺だって気持ちははしゃいでる!せっかくここまできたんだもの、みんな楽しみたいのは当たり前。

でも、心の中では…

(ジャンプすなー!)

(ドスンとすなー!)

(こっちまで手ぇ広げてポーズすなー)

………

時間がたてばたつほど、ここまでの努力と忍耐をチャラにされてたまるか!という思いが膨らみます。

大事にしすぎて風をガードしようとする手がうっかりカメラの画角に入りかけたり💦いかんいかん!これでは本末転倒!!

そんなスリルを味わいつつ、ようやく日が落ちてきました。少しずつ燈る町の灯りに照らされてカラフルな町が輝きだします。

これはきれい!

◯◯ドルの夜景とか、日本◯大夜景とかいくつか有名な夜景は見ましたが、ここはその中でもトップクラス。

寒い中でしたが良いものが見れました。

薄暗くなってきてから約40分間の撮影にして、アクシデントもなくようやく撮影完了。終了ボタンを押してほっとひと息。

30秒ちょっとのタイムラプス映像に仕上がりました。

それではご覧くださいませ

うちの自慢の箱入り娘(笑)

タイムラプス楽しいです。これはいろんな場面で撮ってみたくなりますね。ちっちゃな三脚買おうかなー。

ちなみに、1月夜の丘の上はかなり寒くなります。羽織れるもの。できたら軽いダウンくらいはあった方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です