イスタンブールの年越し♪New year partyに潜入



スポンサーリンク

【12/29-1/4 トルコ】

カッパドキアを発ち、21時半頃アタテュルク空港に到着。年越し前に無事にイスタンブール入りができました。

空港から旧市街までタクシーで移動。

年越しだからか、意外と旧市街が混んでいてホテルまで50分程度かかりました。

今回の旅で滞在したのは、世界遺産のイスタンブール歴史内アヤソフィアのすぐ近くのシティホテルです。

アヤソフィアが丸見えなシティホテル Hagia Sophia Hotel Istanbul Old City

四つ星、五つ星ホテルも素敵だなと思っていたのですが、調べていると旧市街でも比較的安くて良さそうなシティホテルがありました。

その中でも、予約サイトの写真を見て、部屋からアヤソフィアが丸見え!なホテルを発見。

設備も新しくて充実してるし、冬なので天候が崩れても、部屋から世界遺産を眺められる!というのが魅力でここに決定。

モダンなエントランス、内観もキレイ

そして!部屋の大窓からアヤソフィアがすごく良く見える!ライトアップされていて綺麗な夜景。しかも寒くない(笑)

立地が最高です。

まもなく23時、年越しまで
あと1時間

街に繰り出して晩御飯。どこもかしこもお祭り騒ぎ、飲食店もほぼ満席の賑わい。

ひとまず、レストランの入り口で「パーティーとかあるの?」と聞いてみると、どこもけっこう事前の予約制な感じ。

一軒、屋上つきのお店で「時間がきたら屋上のパーティーに上げてあげるヨ」っていうお店があり、信じてその店でご飯をいただくことに。

そんなに料理にこだわってる感じではないけどやっぱりケバブは見た目どおりうまい!

こちらはRAKI(ラク)
トルコの蒸留酒

アルコール度数40度で、無色。
水を入れるとこんな風に白く濁ります。せっかくだから現地のお酒をと思い飲んでみることに。

んーーー

ビミョウ…

酒好きなわが家ですが、ちょっと薬草の香りが強いのか、クセがあって、やけに甘い。

夫婦ともにやや苦手な味でした。

以後、トルコ滞在中はビールかワインしか飲んでいません(笑)エフェスビールは安くて甘みとコクもあってかなり好きです。

さて、もう間もなくカウントダウンというタイミングで先ほどの店員君がちゃんと声をかけてくれました。

屋上で乾杯!カウントダウン!

同ビルの薄暗い階段を上って屋上(3、4階)に。出てみるとけっこういい眺め、ライトアップしたモスクもよく見えます。

客にはスパークリングワイン(シャンパン?さすがに違うか…)が振舞われ、乾杯!

ちゃっかり仲間入り(あれ?一銭も支払っておりませんがよいのでしょうか??)

そしていよいよ、

10、9…

…5、4、

3、2、1

happy new year !!

世界遺産の街並みの真上に花火!

そして生演奏

ひと通り楽しんで、町に出ると、興奮覚めやらず、あちこちで音楽、ダンスのお祭り騒ぎ

こういう年越しを過ごすのは初めてでしたが、めっちゃ楽しいです。スリとかは気をつけた方がいいですが、基本観光客の集まりなのでけっこう安全。

イスタンブールで年越しについて

とても良いです。各国からも観光客が集まるようで、とっても賑やか。カウントダウンをめいっぱい楽しめます。

イスラム文化なのでクリスマス関係なし。年末、年越しもレストラン、マーケット(市場)、スーパーが元気に営業していました。

最低気温は東京よりちょっと寒いくらいとのことでしたが、私が行った時は日もさしたりして、割と暖かでした。ダウンだと日中は少し汗かくくらい。

近場に見所がたくさんあるので仮に天気悪くても問題なく楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です