行ってよかったおいしい店 沖縄そば&タコス!

三泊四日で巡る沖縄本島の車旅【5/5】

美味い沖縄そばが食べたい!

沖縄ってあんまりご飯が美味しいイメージがなかったのですが、この沖縄そばは別格!特有のダシと肉、そばのコラボがたまらない。

街中から、讃岐うどん並みに秘境感のある店まで、様々な店があり、お気に入りの一軒を見つける沖縄そば巡りが楽しい。

タコスは正直なところ、まったく期待してませんでしたが、意外と美味しくてハマりそうでした。

今回行ったお店
沖縄そば
首里そば
山原そば

タコス
Tacos-ya
ジョージレストラン【改装中】

首里そば スープが美味!沖縄1、2を争う名店

食べログトップ争い、常に行列とのことで、開店が11:30のところ、11時過ぎから並んで(すでに数名の列が)一回転目で突入。

個人的に沖縄そばの一番のポイントはスープ。豚、カツオ節、昆布などでダシをとるのが沖縄そばの基本で、旨みとコクをはっきり感じながらもあっさり食べられるバランスがいい。

出てきました!首里そば(大600円)とじゅうしい(200円)

あー、うまい〜〜〜♨️

しみるぅ〜

ダシにもこだわっているみたいで、カツオ節多めのシンプルなスープ。その旨みを感じられるよう、麺には余分な塩を混ぜたりしないんだそう。

このスープが本当に美味しい!透き通っててあっさり目に見えますが、カツオの旨みと豚のコクがしっかり効いた至福の味わい。

平たい麺は少しゴワっとして、歯切れよくブチブチきれます。麺自体は素朴な小麦の味わいですが、これにスープがしみて、ズルっとすするとなんとも美味しい!

そして、今まで食べた事なかったけど、いっしょに頼んだ“じゅうしい”が侮りがたいうまさ!ダシと具を刻んで入れた炊き込みご飯ですが、箸が止まらないくらい。

やっぱダシが美味しいんだな!誰もが薦める“首里そば”並ぶ価値ありです。

公式オンラインショップもあります。賞味期限はお届け日の翌日。

山原そば 本部町の山の中の雰囲気抜群な名店

古い外観の店でローカル感が漂う。でもすごい人気店で外には行列。店内もそのまま古民家のいい雰囲気。

ソーキそばと三枚肉そばの2択

ソーキそば900円(小650円)三枚肉そば800円(550円)

うまいです!

分かりやすくうまい!

首里そばと違って、こっちは結構こってり系。どちらかというとラーメンに近いようなパンチのあるスープ。

で、ソーキの煮汁がちょっと溶け出してきて、合わさると、これまたうまい!

沖縄そばの中ではこってり目なだけで、創作的なものではないので沖縄そばファンの人は美味しく食べられると思います。

サクッと美味しい沖縄タコス

あんまりよく知らなかったけど、妻の薦めで意外と美味しい出会いとなった沖縄タコス。

Tacos-ya

那覇市内に数店舗

沖縄県民のソウルフード タコライス

メキシカン…ではないよね?これは。なかなか不思議なセンスの沖縄料理。

ところが、トマトベースのピリ辛サルサをかけて食べると…なんだこれ!うまいんじゃないか!?

そして、タコスの方はトルティーヤを揚げたパリッとモチっとタイプ。

こっちもソースをかけて。

うまーい!パリッと香ばしい皮とスパイシーなタコミート、シャキシャキ野菜にソースのコラボがたまりません。

おやつ感覚で何個でも食べれそう。

ジョージレストラン【改装工事中】

アメリカ統治時代からの老舗レストラン。

ステーキなどの洋食メニューが中心ですが、地元民にも評判というタコスをオーダー。

これも、うまいです。

タコス屋よりも、中のタコミートがジューシーで肉感があります。トルティーヤも揚げたてパリパリでおいしい。

サルサは辛すぎず、酸味も割と抑え気味でマイルドな味わい。具の味をしっかり感じられるやつです。

現在、改装工事でしばし休業中とのこと。もうそろそろオープンするらしいです。

沖縄No. 1タコス!?

いくつかのブログで見た、「沖縄で最も美味しいタコス屋」情報。

その名は、メキシコ(宜野湾市)

「メキシコのタコスは沖縄一、いや、日本一美味しい」という…文字にするとなんのこっちゃ分からんコメントを見かけて気になっていたものの、今旅では行けず。

気になるなー、タコスも沖縄そばもまだまだ行ってみたい店いっぱいあるなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です