バラデロでオールインクルーシブ〜Royalton Hicacos〜

2泊3日でオールインクルーシブを満喫するぞ

バラデロのリゾートホテルはどこもオールインクルーシブ。価格帯はかなり安いものもありますが、その分設備や、サービスがイマイチという記事が多かったので、割といい方のホテルに。

Royalton Hicacos- Adults Only – All Inclusive

口コミはコレが分かりやすいかも

アダルツオンリーなので、落ち着いた雰囲気でゆったり滞在できるのがる良いです!英語も通じて安心。

食事もドリンクもエンターテイメントも全部全部料金内、何も気にせず好きな時に好きなだけ利用できるなんて!夢のような生活。

プールBARもあります。この時点でかなりミーハー心をくすぐられてます。まだ数十メートルしか歩いてない(笑)

ホテルの敷地はかなり広く
ビーチ、プール他、様々な設備が充実。

・メインのグランドビュッフェ
・4つのレストラン〜①カリビアン②イタリアン③シーフード④グリル〜
・アイスクリームパーラー
・24時間営業の軽食
・BARやnightclubが数カ所
・ショップ …などなど
【Wi-Fiロビーのみ利用可(有料)】

プールにビーチにエンターテイメント、食事と、充実したホテルライフをゆったり楽しむには一泊では不十分。最低でも2泊3日がおすすめです。

ヨーロッパ系の宿泊客が多く、1週間とか滞在するみたい。飽きない仕掛けがいっぱいあるのでけっこう良いです。

来たぞビーチリゾート!さっそく海へ行こう

ホテルの敷地を抜けて

すぐに出れました!青い海!!

ちょっと人がいないところから入ってみると、めちゃくちゃ綺麗。

パラソルに、ベッドも使い放題。思い思いに泳いだり、寝たり、本を読んだり。オトナなビーチを過ごしかたがここにあります。

場所取りも多少はありますが、みんな大人なので少し待つと席はどんどん空きます。

もちろん簡易なBARも

海を眺めてのんびりしながら、夕暮れ時をビールやモヒートを飲んで過ごす。何という贅沢!何という背徳!

しかも、明日も丸一日こんな風にしてて良いなんて。幸せ過ぎるキューバのリゾート。

割と日本人もいるみたいですねー。あちこちで日本語を耳にします。

ビュッフェレストラン、ほぼ毎食来たけどなかなか良い

リゾート内にはビュッフェレストランの他、4つの予約制レストラン。結局一度も予約できず、毎食このグランドビュッフェで食べましたが、ここはここでなかなか良かったです。

ディナー

圧倒的な品数でシーフードが満載。

カニ、エビからキャビアみたいな?魚卵に、煮込み、フルーツと幅広く揃っています。

こっちのカニはあんまり食べる向きでは無かったみたい…お飾りだったのか?ちゃんと食べやすく剥いてあるのをいただきましょう。

ちょっとしたおしゃれさもあったり、メニューも少しずつ変わるので、2泊くらいならまだ全然飽きません。

テラス側の席に座れると、一階でやってるショーを眺めながら食べられます。その日のショー次第だけどこれもけっこう良いです。

朝食、ランチ

朝はフレッシュジュースか、スパーリングで喉を潤し。パンや卵料理が中心。

会場では朝から生演奏が披露されます。

面白かったのは、鉄板焼きコーナーシェフが卵投げて割ったり、生演奏に合わせて金ベラと鉄板でリズムをとり突如シンバルおじさんに転身!

エンターテイナーでした。

ランチには手長エビや小型のロブスター

あんまり繊細な料理は得意ではなさそうですが、こういう煮込み系は魚介のダシがしっかり出てて美味しい。失敗も少ないから煮込みはオススメ。

ザッツ・エンターテイメント

このホテルの良かったのがエンターテイメント。細かなサービス、やり取りほさておき、ショーやイベントが頻繁に開催されかなり楽しめます。

こんな感じで1日のイベントスケジュールが決まっています。結構みっちり。

Mケル・ジャクソン

ええ、そうです。皆知ってるス◯ラーですね。どう見ても。

初日の夜にやってました。いいのか?これ、いいのか??と思いつつも、Mケル役のダンサーのキレが良くてめっちゃ面白かったです。

ビリーズブートキャンプみたいな

こっちは昼間

エクササイズ系のダンスで観客動員型。

プールサイドでは、シンクロナイズドスイミングが始まったりして、それをプールサイドのベッドをお酒を飲みながら楽しんだり。

毎日異なるいろんなエンターテイメントが用意されていてとても楽しめます。

夜はBARにて キューバンマインドを考える。

食事やショーを楽しんだら夜はBARにて。いやしかし、いくら飲んでも全て支払い済みなんですねーと改めて。

ここでお酒を飲みつつ、キューバとはいかなるところかをしみじみ感じる。

ウエイターがグラス落としたけど、割れたグラスすぐ処理しない。30分経過…店員が通るたびに蹴散らしていく(笑)

それから、人手が余ってる感がすごい、けど対応はかなり遅い。もちろん割れたグラスもそのまま。そう、お喋りのほうが大事なのだ。

2杯目に、ウエイターが飲み物は?と聞いてくれたのでプレジデントキューバニートというカクテルをオーダー。

しばらくでてこず、ウエイターに目配せ。

すると、「大丈夫、忘れてないよ」的なリアクション。「いまやってるこれこれー」みたいな。

そしてようやく…

「お待たせー!

さあ君たちのモヒートだよ!」

(ち、違げーーー!!!)

まあ、いいんだ。

モヒート飲んでまた、別の酒をオーダー

二回に一回は何かしらハズしてくれるので、だいぶ慣れてきた。なんなら次は何をやらかしてくれるのかちょっと期待してしまう気も(笑)

BARに限らずフロントでもちょっとピリついた急ぎの依頼をしてるのに、ようやく理解して席を立ったかと思えば、すれ違った女性従業員とキスで挨拶からの談笑。

それも後だろ!?とツッコミたくなるけどこれが当たり前らしい。どういうメンタリティなのか本当に不思議なキューバ人。

社会的背景が違うとこうも違うもんかとしみじみ。

ホテルについて

部屋に一人バトラーがつく

チェッインから部屋に案内してくれたりと、部屋に一人バトラーさんがつきます。

困ったことや、メインビュッフェ以外のレストラン予約もバトラーに依頼することになります。

うちの部屋のバトラーは
ガブちゃんこと、◯◯◯◯君

まず愛想が良い◯

続いて面も笑顔もなかなか良い◯

そして受け答えも良い◯

と、三拍子揃ったこのガブちゃんの唯一にして最大の難点は……

頼んだ事を何ひとつしねー事だ!!

まずレストランの予約。グランドビュッフェもいいけどせっかくなら人気のカリビアンレストランの予約を依頼。

レストランの予約デスクは3時半まで。

「今日の予約はいっぱいかもしれないけど明日なら取れるから予約しとくね」とのこと。

ところが、当日も翌日もいくら待っても、時間の指示もない…。

こっちからフロントに連絡すれども、「それはバトラーに」と待たされる始末。

そして、夕方ようやくつかまったバトラーに予約時間を尋ねると…

「あー、予約で一杯だったの!朝からそのことを伝えようとしたんだけど、部屋にいないしー(私悪くない)」

(こいつ昨日のうちに手配してねえな…)

チェックアウトの際にも

「ベルボーイに荷物運ばせるから心配いらないよ。部屋に来るから待ってて」

……来ない(笑)

結局自分で運び、チェックアウトも済ませて、予約していたタクシーに乗り込む頃

向こうからガブちゃん…
「あ、いたいたー。はやいねー」

………

でも、満面の笑顔。

(ち、ちくしょう、やっぱりおれ……
コイツを憎めねー)

はっきり言って自分でやったほうが早いし安心。何でもバトラーを通じないと進まないシステムはなんとかして欲しい。

どうしても気になる人は依頼に対してのフィードバックの方法と時間を予め指定しておいた方がいいかも。

まあ、そこまでしなくでものんびり旅行だし、これがキューバのやり方かと思えばそうなんでしょうが。

設備はまあまあ

部屋は広くて、眺望もリゾート感あっていいです。でも、お昼寝も休憩もホテル内の至る所でできるのであんまり帰ってこなかったかも設備かなり古め、ハバナ市内の新しいホテルと比べても見劣りするくらい。

ドライヤー 使えるが持ち手が熱くなってくる

お風呂はお湯 50度となってるがぬるい、マックスで体温のちょっと上くらい。

あと、電話はいちいち接続が悪い。

この部屋だけかと思ったが、フロントとかでも何度も受話器を上げ下げしてる。

虫刺され対策を

ヘヘンというブヨみたいな虫がいます。蚊に刺されたみたいな斑点ができて2、3週間かゆい。

痛みはないですがムヒを持参したほうが良いです。あと虫除けも!

Wi-Fi環境

ロビーのみ接続できます。

有料でこういうカードを購入

ここでは1時間2CUCでした。

この黒いところをペリペリはいで、パスワードを入力するとアクセスできます。

まあ、結構滞在中は充実してるので、そんなに使うことはないかも。

以上、後半は多少のマイナス面も上げましたが、それもキューバの味といえなくもないです。全般的にはかなり楽しかったのでとてもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です