さあ、ハバナ観光へ!朝食事情と旧市街へタクシー移動



スポンサーリンク

【2017.12.30-2018.1.12 キューバ・メキシコ】

朝の新市街を歩く

ホテルの朝食ビュッフェも結構充実してたのですが、せっかくなので街の中のお店で朝食。

近くで評価の高かったEl Bikyへ。

リーズナブルでちゃんとしたレストラン。ロブスターも結構安く食べられるという事と、日本人の訪れた記事もたくさんあったので。

ホテルを出ると目の前にクラシックカー。本当にキューバに来たんだなーという実感が湧きます。

少し歩き出すと、目の前を横切る車が当たり前のようにアメ車のクラシック。かわいいフォルムに鮮やかなカラー。

結構高いビルもあります。

遠くで、朝日も反射しててよく分からなかったのですが、すぐ近くまで行ってみるとこの通り。

外壁の塗装もはげ、かなりボロボロ。

道路もそこかしこに穴ぼこだらけ。

他の国だったらスラム地区っぽく感じるような荒廃ぶりですが、ここだけというわけではなく街全体がこんな感じ。

みんなが平和に暮らしている街なので危険はありません。あ、でも、足元には気をつけて。

朝食に行くはずが早速周辺の街並みに心を奪われてなかなか前に進みません(笑)

亜熱帯の気候を感じさせる植物にレトロな建造物、あちこち補修中、めっちゃワクワクする。

El Bikyで朝食

歩いて数分の距離なのに倍くらいかけて、ようやくEl Bikyに到着。

すごくちゃんとした店内。ヨーロッパ系の観光客が多い感じ。

「そんな、あ、朝からロブスターで軽く一杯いっちゃっていいんですか?」という背徳感と期待を胸にメニューを開く。

スペイン語は全くできません。でも、この旅のためにまず最初に覚えたスペイン語がひとつ

「langosta(ランゴスタ)=ロブスター」

他は一切分かりませんが、ハンターのような眼でこの文字を探します。

「ら、、らー、ラ…(ンゴス…)」

(ん?無くね??)

店員に尋ねてみると、朝食メニューはこれしかない!とのこと(たぶん)。そして、この中から選べ!と。

う、全然読めねー…これは?

…何やらパンとチーズみたいな事を言ってるのかしら?

「もうじゃあそれで…、ちなみにアルコールメニューは??」

朝はないよ!(たぶんそう言った)

こちとら朝から歩いて喉カラカラ。1月でもキューバは真夏!しょうがないので冷たいレモネードをオーダー。

硬くてしょっぱめのチーズにガリガリのパン。そもそも、これはパンという理解であってるのか?平たい固いクルトン…

妻のは卵焼きがのってわずかにおいしそう

いやー、これを食べると日本の“ある食品”へのリスペクトの気持ちが、、、

ヤマザキパン!本当に偉大です!
ダブルソフトをキューバ人にぜひ食べさせてあげたい。

来るなら絶対、ランチかディナー!

そもそも、ご飯に過度な期待を持たないほうがよいですが、朝食はあるならホテルの方が満足度は高いかも。

カサ泊なら、オーナーがキューバ的朝食を出してくれるところも多いみたい。

ハバナのタクシー

煮え切らぬ気持ちを取り直し店を後に

旧市街に行くためのタクシーを探しながら周辺を散歩します。

お!自転車タクシー!

さすがにこれで旧市街までは無理か…

路地には旧車が並んでます。建物も車もカラフルで陽気な雰囲気がいい。

ちなみにハバナでは数種類のタクシーが走っています。社会主義とはいえ、観光客の流入が多いので相場も徐々に上がってきているかも。

2017年末→2018年始では要所要所でヨーロッパ並みにお金や商売の匂いがしました。

キューバ旅行ブログも更新年数が古いと、かなり金額が変わってきてるような感じがします。

ハバナのタクシー
①黄色タクシー
一番快適でリーズナブル。乗る前にちゃんと値段交渉。新市街⇄旧市街で5CUCくらい。平気で10とか言ってきますが、立ち去ろうとすると「5でいい」と運ちゃんが声かけてくれたり。

②クラシックカータクシー
雰囲気抜群。揺れやエンジン音も直に感じるが、割高。お気に入りを見つけたら交渉してみよう。長距離走行だと故障もあるので注意

③ココ・タクシー
バイクタクシー。丸くてかわいいが料金はタクシーよりも高いので使い所がわからない。

④ビシタク
自転車タクシー。旧市街内なら2CUCでどこへでも。歩きつかれた時に、街並みも楽しみながら動けるので良い。

※乗車中、急に家族・知り合いが乗り込んできたり、目的地の近い客が相乗りしてきたりと日本では考えられない事が起きる事があります。

タクシーで海岸寄り、マレコン通りをビャーっと走って旧市街へ

アメ車のオープカーで海岸ドライブ、最高ですねー。でもうちは排ガス臭さが気になり、普通の黄色タクシーで。

マレコンを走っていると、先にモロ要塞が見えてきます。

この海岸ラインはハバナっ子の集うスポット。夜遅くまで、仲間やカップルが防波堤に集まって思い思いに時間を過ごしてます。

ここから見る夕日がめちゃくちゃ綺麗らしいです。確かに朝焼けも空が太陽光をすごく反射してたので、夕日もすごそう。

お、さっきの車が後ろに

やっぱりいいなー、オープンカー

車や、海岸の景色に興奮してたらあっという間に旧市街に入りました。やっぱり雰囲気ありますねー。

まだハバナ観光の出発地点ですが、すでにかなり楽しんでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です