メキシコシティ国際空港のトランジット→ついにキューバ到着



スポンサーリンク

【2017.12.30-2018.1.12 キューバ・メキシコ】

メキシコシティで乗り継ぎ

羽田→メキシコシティ 【13時間】
乗り換え 【6時間】
メキシコシティ→ハバナ【3時間弱】

トータルで23時間…

謎の機内食。チョコソース??

激甘!

まずくはないけど完食は無理…

そりゃあ太るぜ、メキシコ人!

メキシコシティ着陸時はかなり遅延していました。にもかかわらず、上客からは着陸と同時に拍手👏そしてbravo!の歓声。

気温20℃、快晴と、夏の雰囲気の中でBGMはジングルベル♪

ゆるい、ゆるいね〜

日本のサラリーマンって一体なんだろう?と思うくらい、ゆるい。

メキシコシティ国際空港ではChili’sに行こう

メキシコシティ国際空港はそれなりにスタバやショップもありますが、6時間も時間を潰してられるほど充実はしていません。

かといって乗り換えも国際線なので、市街地に行って戻ってくるほどの余裕もない。

空港周辺は治安も良くないので近場に外出案もボツ。こんなやり場のなさを少し救ってくれるのがメキシコ料理店のChili’s

ここで「メキシコ料理うまー!」ってなり、今旅の2度のトランジットで大半の時間をこの店で過ごしました。

ポイントは3つ
①無料Wi-Fiが使える
②メキシカンが美味しい
③お酒が飲める

とにかくWi-Fi。なんと空港専用のWi-Fiがなく、時間制限付きのWi-Fiもあるにはあるのですが安定しません。

空港内歩き回った結果、このChili’sのWi-Fiが一番使えました。店内に入らないで近くに座り込む人や、下の階でここのWi-Fiを拾う人も(笑)

でも、メキシカンが美味しいので、せっかくなら店内がオススメです。

guacamoleワカモレ

目の前でアボカドを崩し、トマトにレモンをまぜまぜ。あとハラペーニョソースがうまい!

Fajitaファヒータ

グリルした肉をトルティーヤで巻いて。炭火焼き感のあるお肉がうまい。

ちなみに、奥の席の女性が食べてる1人分。美味しそうな巨大な肉塊が2つ、まるごととうもろこし。

女性も子どもも食べるエネルギーがすごい。だから、そりゃあデカくもなる。

ちなみにメキシコ→ハバナ便は出発ゲートが電光掲示板に表示されませんでした。

まめにインフォメーションで尋ねないと、気がついたら出発時間なんて事になるので要注意。

ハバナに着いたぞ〜ホセマルティ空港→新市街〜

荷物、全然出てこない…

人出が足りないのか?いや、そんなはずはない!むしろ余ってる!さっきから勤務中なのに学生の放課後みたいにだべってる空港職員ばかり。

限りなくゆるい、これがキューバ(笑)

結局荷物を回収して出たのが深夜0:30

空港で両替

CADECA(カデカ)という両替所があり、24時間営業、日本円から両替可です。空港も市内もレートは一律なので、ここでやってしまったほうがよいです。

ATMみたいな小部屋で、警備員が入口にいて1人ずつ中に入ります。

使い方もちゃんと教えてくれ、騙しやぼったくりなし、ただし機械の不具合が時々あるみたい。クレジットカードが出てこないなんてリスクを避けるためにもカードは使わない方がいいかも。

キューバでは2種類の通過が流通してます。観光客が最初に両替できるのは兌換ペソ「CUC」ですが、

その後、兌換ペソ「CUC」→人民ペソ「CUP」もできます。

人民ペソ「CUP」での買い物はキューバ人の生活そのもの、これを使える人民系のお店だと目を疑うような破格!といいます。

基本CUCだけあれば大丈夫です。
あ、でも人民ペソの3ペソ紙幣とコインにはチェ・ゲバラの肖像なので、それ欲しさに両替する方もいます。

結構おみやげ映えします。

旅の途中でお金が足りなくなったり、やはり人民ペソに替えたい!ってなったら、市内にある両替所へ

CADECA”でマップ検索してみて下さい

空港からタクシー

大きな空港ではないので到着口から外に出るとすぐにタクシーがたまっている場所がわかります。

たまにクラシックカーのタクシーも通りますが、ここはちゃちゃっと黄色い新型のタクシー(といってもかなり古い)にに乗っちゃうのが良いです。

タクシーは定額制、交渉する気力もなく、30CUCで手を打ちました。他の旅行者のブログ記事では25CUCというのもあったけど、深夜帯のため?

乗り込むと、助手席にはずっと待ってたであろう女性が一人。たぶん奥さん(笑)ついで感がすごい。

新市街まで30分、半高速道路 みたいな道路を100km/h以上でぶっとばしてたので実際には20分程で着きました。

信じられないことに、深夜1時の幹線道路の周辺、道路以外ほぼ明かりがないような所なのにかなりのキューバ人がだべってる。

いったいどこから集まってきたんだ?というかこんな時間にになにしてんだ?ってくらい人が出歩いてます。

着いてちょっと気になるのは若干の排ガスとオイルの匂い。ちょっと喉にきます。

今回のホテルはNh Capri ハバナキューバのホテルクオリティはそんなに高くないそうなので、比較的新しめの四つ星ホテルに。

ちなみに奥に見えるのがナショナルクーバこちらは有名なホテル。泊まらなかったけど景色としてもいい感じ。キャバレーの“トロピカーナ”が併設されています。

Nh Capri havana

部屋は結構綺麗でした。若干廊下から洗剤系を匂いがするけど、もっとひどいと覚悟してきたのでなかなか良かった。

深夜1時半、新市街はまだ盛り上がってる時間ですが、流石に疲れてホテルのbarで一杯だけ。やはり、ここはモヒートミントを潰して香りを立たせあー。スッキリおいしい。一杯目にして結構おいしいモヒートにあたり満足。

あと、このホテルで良かったのが早朝の見晴らし。上の方の階だと、キューバの街並みや海が一望できます。スモッグが多いためた朝日の反射がすごい

部屋が低層階でも、非常階段を上って景色が楽しめます。

マレコン通り側
海岸線が弧を描いて良い感じ

部屋から見下ろした景色。まだ活動前の落ち着いた雰囲気。ワクワク感が高まります。

朝は閉じてるけど屋上にはプール&bar

実際はハバナ散策が楽しすぎてそんなにホテル内をいろいろ使ってませんが、

ハバナの宿泊事情を考えるとかなり良いホテルだったと思います。

コンシェルジュもちゃんといて、レストラン予約やタクシーの手配などスムーズでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です