初心者におすすめする冬の茨城1泊2日旅

冬の茨城は美食の宝庫

アンコウ鍋をはじめとした絶品海の幸の数々は寒い時期でも行く価値大ありです。

千葉・東京方面からは日帰りもできますが、しっかり晩御飯を食べて欲しい&見所けっこうあるので1泊がおすすめです。

美味しいアンコウや海鮮については別で3記事にまとめてましたのでコチラからご覧ください。

この記事では、冬の茨城、食べる以外の見所についてご紹介します。

大洗の見どころ

けっこう穴場!酒列磯前神社の樹叢

有名ではないかけど、参道の樹木のトンネルの景色がなかなか。

寺社仏閣の巨木には神がかった雰囲気を醸し出しているものが多いですが、ここも中に入ってみると不思議な感じ。

タブノキや、ヤブツバキが生えてるんだそうです。

太い枝が独特の屈折でお空に向かってます。

けっこう長いトンネル。

傍道の鳥居からは磯崎漁港が見おろせます。少し高台なので天気の良い日の景観は最高。

神社にお参り

海に建つ鳥居 大洗磯前神社

次は定番、時々ポスターにもなっている大洗磯神社。

海に建つ鳥居は雰囲気あります。

荒波でザバーンってなった瞬間を撮りたかったけどタイミングが合わず。望遠レンズがよかったな。

朝日や夕日がかかる時の写真は本当に神々しい。冬場は朝日がちょうど鳥居の真ん中を通るそうです。

そして、想像してたよりもはるかに大きかった神社の本体。

ここを登って行くと境内です。

なんと!ガルパンも待ち構えています…

(ガルパンについては後ほど…)

まるでウユニ塩湖!?大洗サンビーチ

さて、地方の名所の本領発揮です!!

世の中の有名なものに乗っかって話題になっているのがこちら。

まるでボリビアのウユニ塩湖みたい💓

な、鏡面体験ができると評判の💓💓

砂浜です。

あのウユニ塩湖を、飛行機にも乗らず、高山病のリスクもなく、地元民憩いの浜辺で体験できるなんて!

さぞやカップルたちであふれているに違いない!

ビューー…

ザザーーン…

ま、天気も悪いし、真冬だし、こんなもんですよ

と思っていたその時わずかに夕日の光がさしてきました!

ちょっと、ぽいんじゃない!?

素朴な分、夕日の力も借りていい感じじゃない!?

〜撮影のコツ〜

タイミングは太陽の低い朝・夕

満潮→干潮に替わる時

大きめの波が深く陸地に攻めてきたらチャンス!その波が引いていく時に一瞬残る平らな水面が撮影の瞬間です。

足元びしょ濡れに気をつけつつトライしましょう!!

シュールな感じですが、波の引き際を狙うゲーム感覚!時に靴下までやられるアクシデント!意外と楽しいです(笑)

那珂湊漁港

言わずと知れたお魚市場。

那珂湊お魚市場や、飲食店、鮮魚店に、いい匂いを出してる露店の数々。

見てるだけでも楽しいです。

おすすめの回転ずし「市場ずし」もここ。

アンコウ丸々で売ってますね。

ブリも!

ほぼ観光地化されてるけど、けっこうリーズナブル♪♪

オコゼとか高級なやつですよね!?

見た事ないくらい巨大…

ハマグリも大粒が大量!これで1000円なら!

地魚や各地の漁港からたくさんの魚介が集まります。お土産何にしよー(*´ω`*)

女子必見!ほし芋専門店 大丸屋

巨大な感想施設と、なぜか芋を食べる恐竜のオブジェが出迎えてくれます。

お店の中にはたくさんの種類の干し芋とスイーツ。どれにするかめっちゃ迷う…。

出来立て!みたいなのも気になります。

大丸屋に来たら干し芋のジェラートを!

これはうまいです!

2種類ずつ詰めてもらってコーヒータイム♪

芋の種類によってはっきり甘さや食感が違う。このオレンジのやつ特に好き。

温泉、食事、ガルパン?潮騒の湯

充実の温泉施設♪

レストランがけっこう充実していて、なんとアンコウ鍋で宴会までできてしまう!

持ち込んだ鮮魚を調理してくれたりと、温泉施設を大きく越えるサービス!!

半日くらいゆっくり居たいスパ。

そして、ガルパンコーナー

なんのサインか分からんけど、サインとグッズがたくさん。

という訳でアニメを2話ほど見て勉強しました(二話が限界でした…)

ガルパンとは!?

ガールズ&パンツァー

オタク界隈で密かに人気のアニメ。

女子高生が大洗の町を舞台に、戦車でドンバチを繰り広げる謎の設定。

置いてあった雑誌をパシャリ📸↓

登場人物の自宅が実際の大洗のお店とリンクしていて、こんな風にお店毎にお店も娘・息子設定のキャラが店頭に

実際に推しのキャラ目当てとか誕生日にがいるに聖地巡礼をするファンが多数いるほど。

ガルパンファンはオタクでも大洗にいろいろ金を落としていくきっといい奴ら。

ちなみに…

なぜ戦車なのか!

戦車道、それは伝統的な文化であり、世界中で女子の嗜みとして受け継がれてきました。
礼節のある、しとやかで、慎ましく、そして凛々しい婦女子を育成する武芸なのである。

興味のある人はアマプラ等で👍

以上、冬の茨城(大洗)の魅力でした!

食いしん坊さんも、戦車好きも、オタクたちも、ぜひ!冬の茨城を満喫してください。

季節が良くなると、ひたち海浜公園とか

今回行けなかったけど、数量限定!絶品ひらめの漬け丼が食べれる「かあちゃんの店」も気になる

※平目の漬け丼は平日限定

リベンジ大洗!

ちなみに今回泊まった「大洗ホテル」では冬場アンコウの吊るし切り実演が見れます。磯神社にも、目当て居酒屋にも近くて便利な立地♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です