台湾美食旅行で出会ったおすすめレストラン!!

3連休で週末台湾旅行【1/4】

クリスマスの週末が金・土・日と3連休だったので、まだ行ったことのなかった台湾旅行へ行ってきました。

木曜の夜に仕事を終えて、そのまま成田空港に直行し、初のLCCでの海外旅行。

22:00成田空港発→01:15桃園国際空港着

さすがLCC、3連休だけど国内旅行よりもはるかに安上り。もっと早く行ってみればよかった。

到着が深夜なので、空港近くのノボテルホテルに宿泊し、翌朝から台北市内に移動して美食巡りのスタート。

台湾は小籠包、レストラン、屋台と美味しいものがたくさんでどこに行くか本当に迷います。

例によってネットでローカル台湾人に人気のお店や、駐在日本人のブログなどを調べてお店を選定しました。

その中で「また来たい!」と心底思ったお店4軒を厳選してご紹介します。

人和園雲南菜 ~味にうるさいあなたに是非味わっていただきたい~

今回のNo. 1レストラン。本格雲南料理のお店。

人気店でふらりと立ち寄った時には入れず、翌日予約していきました。

ホームページにオーナーの奥さんのコメントで「味にうるさいあなたに是非味わっていただきたい」なんて書かれていて、随分強気なもんだな(日本じゃないとこうなのか?)と思っていました。

しかし、実際にお店に行ってみると、もう完全にここの雲南料理の虜です。とにかく何もかもが美味しい。どの料理も期待を大きく超えてきます。

全体的に優しい味で日本人の口にとても合うと思います。それでいて、「これって、こんなに美味しかったっけ!?」と思わせるような素材と調理の良さ!

これまでの中華料理のイメージがガラリと変わります。普通に日本にあったら通いたくなるお店。

日本語が普通に通じる安心感と、料理に使っている材料をテーブルに持ってきて見せてくれたりプレゼン・サービスにも抜かりがありません。

初めてなら絶対ハズせないメニュー

鶏油碗豆

日本語ではグリーンピースと表記されていますが、スナップエンドウのスープ

見た目は大変地味、味は大変美味

「え!これ、エンドウ豆!?本当に?」って疑っちゃう美味しさ。

雑味、青臭さが一切なく、純粋に青豆の甘さと、プチプチした魚卵みたいな食感が楽しめます。

聞くと、若いエンドウを手作業で一つひとつ開いて中身だけ取り出し、大きく育った粒は除外して選別するそう。かなり手間がかかっています。

鶏絲甜豆

スープがあまりに美味しくてスナップエンドウを使ったもう一つの料理を注文。

きたー!ぷちぷち再び!

あいかわらず甘くて心地よいお豆に、今度は鶏のうまみと程よい塩加減が合わさって絶妙な美味しさ。これも美味しいです。

干扁香菇

オーナーの奥さんにオススメメニューを聞くと雲南エリンギの炒め物を強く勧められる。

「え~、エリンギでしょ~!?そんなに?」と思いながらも「絶対食べたほうがいい!」という奥さんに押され注文。

炒めというか揚げた感じ?さっそくいただきます。

う、うま…!

なんだこれ?エリンギ?本当に!?

(さっきも似たようなこと言ったような…)

や~、これは美味しい

じっくり揚げたような独特の歯ごたえと香ばしさ。エリンギの旨みが凝縮されている感じで噛めば噛むほど味が出てくる。

程よい塩加減と唐辛子のピリ辛、砂糖のほのかな甘みが絶妙にマッチ。すんごい美味しい。

※材料はエリンギとかスナップエンドウと聞きましたが、もしかしたら雲南カブみたいに、日本のやつとはちょっと違うモノかもしれません。

阿城鵝肉 〜珍しいガチョウ肉、これがヤバうま!〜

これは1度は行ってみた方がいいです。「ガチョウって…」と最初乗り気でなかった妻もすっかり気に入っていました。

阿城鵝肉

台湾での定番コースにしたいお店

ファーストフードみたいな店内。

客層は地元っぽい人たちばっかり。

メニューは日本語表記なし、だけど写真付きでわかりやすい。オーダーシートにチェック入れるタイプ。

鵝肉 一人前

とにかくこれ!

ガチョウの肉ってなんだ!?という人もきっとハマるはず。

鴨に少し近い気がしますが、もっと弾力があってジューシーなお肉。噛みごたえのあるお肉から、コクと旨味が滲み出してきます。しかも、一人前でも2人でシェアできる量。シアワセです。

知らなかったのですが、鵝肉はスモークしたもの茹でたものの二種類、部位も胸肉と脚の部分で選べるらしいです。

鵝油拌飯

絶対にご飯を頼んだ方がいい。

しかもこれ只の白米ではない。燻製したガチョウの油?タレ?が忍ばせてあって、混ぜて食べるとウマイ。

鵝肉→飯→鵝→飯→時々麦酒→鵝肉…

エンドレスな小デブ行進曲の始まり♪

麻辣血

ガチョウの血を豆腐みたいに固めたもの

旨味と香りがぎゅっと詰まっていて美味しいですが、癖があるのでこれは好き嫌いありそう。

実はこの他にも、腸とか頭部とかでおいしい料理がまだまだあったみたい。こういう部位は好み分かれると思いますが、おいしそう。

ちなみにビールはセルフ

隣で食べてた地元のおとっつぁんが、冷蔵庫を指さしてあそこから取ってくるんだよと教えてくれました。

世界豆漿大王 〜ローカル的朝食の人気店〜

一番人気の“阜杭豆漿”に行こうと思ってたけど、起きたら既に7時だったので諦め、近くのここに。着いたらけっこう列ができてました💦

メニューは壁に貼ってありますが漢字ばかりで何のことか分かりません。でもご安心。壁に写真入り、日本語表記のメニュー表が貼ってあります。

鹹豆漿

朝ごはんの定番、これ美味しい!好きです。

桜海老、切干大根、肉そぼろ、ザーサイ等に豆乳と酢を入れて少し豆腐みたいに固まったもの。旨味はしっかり、少々酸味も効いています。

港式蘿蔔糕加蛋

大根モチ入り玉子焼き


うまい!大根餅の風味と焼け目の香ばしさがいい。ネギ、玉子、タレとの相性も抜群。

培根蛋餅

ベーコン入り玉子クレープ風


これもうまい!玉子とタレももちろん合う。

出遅れると混むけど、安くてとても美味しいお店。ハマりそう。小籠包もおいしそうだったんですがもうお腹いっぱいでした。

鼎泰豊 〜王道小籠包 サービスも抜群〜

言わずと知れた小籠包の名店。日本でも行ったことがなかったのですが、ネット情報では現地と味が違うと感じる人が多いようで、台湾のほうが格段においしいとか。

おススメは三越店。

かなり並んでいるので順番待ちの予約を入れ、デパ地下のお店や、食品売場でバラマキ土産と自宅用土産をみて待つ事ができます。

余談ですが海外のスーパーって見慣れないものがあって楽しいんですよね。ここではバラマキ用のパイナップルケーキと、阿舎食堂の袋麺(混ぜそば的なやつ)を買い込みました。

オーダーも簡単

日本語で書かれたオーダーシート(メニュー表)の食べたいものにチェックをつけるだけ。

小籠包

アツアツをレンゲに乗せて

中身じゅわ~


これかー、うまいなー!

スープの旨味が素晴らしい!!

コクはあるけどクドくないので何個でもいけそう。2回オーダーしました。薄皮なのも個人的にポイント。

少し温度が下がってきたら、割らずにそのまま一口でいけます。美味しい。

ヘチマと海老入り小籠包

小籠包よりもあっさり味、海老のダシをヘチマがしっかり吸っててまとまりがいいです。

海老と豚肉入り小籠包

こっちもおススメ。豚も海老もそれぞれちゃんと主張していて、ただただうまい!

本店と味が違って残念だったとかいうコメントもありましたがとても美味しかったです。さすが世界の鼎泰豊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です