しまなみ海道“秘密のおすすめスポット” 〜松山から日帰りドライブしてきた〜



スポンサーリンク

GW四国周遊【7/7】

四国最終日、今日は松山発でしまなみ海道ドライブに行ってきます。

サイクリングもやりたいのですが、帰りの飛行機があるので今回は車で渡ります。

メジャー所から、あまり知られていなさそうな所まで巡りつつ、大三島でUターンしてきました。

本当はあまり教えたくないのですが、とても心地よくて入り浸ってしまう絶景カフェにも出会えました!

松山グルメを堪能しつつ、海道入口の今治へ

まずは松山市内でドライブのお供を調達。普段ならコーヒーの所、「愛媛はみかんでしょ!」ということで、のま果樹園直営のジュース屋さんへ。

noma -noma

http://www.kajuen.co.jp/shop/nomanoma/

季節に合ったいろんな種類の柑橘がずらり

好きな柑橘を選んでフレッシュジュースに。その場でしぼってくれます。ここのジュースすごくおいしいです。

あ、パフェもある!?

このクオリティのフルーツでこの価格はかなりお得

フルーツをふんだんに使ったパフェ

とても美味しいです。家の近くに欲しい。

さて、準備もできたのでジュース片手にドライブスタート。

しまなみ海道の入口、今治で腹ごしらえします。

ランチはケンミンSHOWでやっていた愛媛のケンミングルメを食べることに。

愛媛のソウルフード?「焼豚玉子飯」

二大有名店があるらしいのですが連休のためか、激混みで待ち1時間くらい

お店それぞれの味があって、地元の人はそんなに有名店に行かないらしい。

そんな情報をもとに、連休ながらマイペース営業な感じの中華料理店に入りました。

じゃーん!

焼豚の上に黄身とろの目玉焼き

そして特製タレ、あぁ、誰もが好きなやつ

黄身を割って

まぜまぜして

うん、うまい!!

甘めのタレと黄身と焼豚がさすがの一体感。

いざ、しまなみ海道 !

雨上がりの曇り空

天気もいまいちなのでカフェで休憩

ここしまなみにはいくつか見晴らしの良いカフェがありそうでしたが、中でもここは別格!?

大島のカレイ山の頂上付近にあるカフェ。車なのでグイグイ登っていきます。

“open cafe 遠見茶屋”

入口からすでに、向こう側の景色が見える

中はしっとりとした空気感

落ち着いていて、ゆる心地よい時間が流れています。

ガラスがないので、とても開放的で隠れ家感抜群

コーヒー飲みながら、入江をボーっと眺める時間がとても心地よいです。

食べログ評価はそんなにでしたが、とにかくロケーションと雰囲気が最高。天候のせいか客も私たちだけ。

コーヒーもセットのケーキもけっこうおいしいのに、運営母体がNPOだからか価格は安め。

悪天候で空いてただけかなー?ここはすごく気にってしまいました。旅行者の分際ながらほんとはあんまり混雑して欲しくないという複雑な気持ち。

ずっと入り浸っていたい、わが家の2017年ベストcafeです。

カフェと景色を満喫したら次は大三島へ

ここも見どころいっぱいの嬉しい島でした。

雑貨?酒屋? レモンだらけのお店“リモーネ”

かわいい、おいしい、こだわりのレモンアイテムが揃うお店。南イタリア風?の素敵な店構え。

自家製リモンチェッロ

こちらで育てたレモンを使った自家製リモンチェッロ。車なので私は試飲できず、感想聞くとめっちゃおいしいらしい。ということで、安くはないけど1本購入。

雑貨

センス良いレモン雑貨の数々見てて楽しい

リモーネ
営業時間:11時〜17時

定休:3-11月 火金/12-2月 火水金

http://www.limone2.com

道の駅〜近くの農家からのレモンや柑橘直売所〜

でかい!やすい!ノーワックスで皮まで食べれるというレモンも!

スーパーではまずありえない価格で大量販売しています。

瀬戸田産レモンブームに乗っかり、もちろん買い!荷物が重たい…。

伊予国一之宮 大山祇神社

日本総鎮守と呼ばれ、伊藤博文も参拝したという、古くから熱い信仰寄せられている神社。

日本最古の原始林社叢の楠群でも有名

樹齢約2,600年に登るというご神木の大楠が鎮座。境内には他にもすでに倒れて幹の根元だけ残った大木などいつくか点在しています。

さてお参りしてここで満足して帰らないでいただきたい!実はここには、ぜひ足を伸ばしていただきたい奥の院があるのです。

裏に回って7分くらい歩いていくと

先程以上に巨大な楠が行く手を阻みます。

なんでも二本の大楠でなっているようで、この衝撃はさっきの大楠の比ではない。圧倒されます。

ここで行き止まり!?と思いきや

驚くなかれ、なんとこの大樹の根元

根が浮いてできた木のトンネルになっています。

これこそが奥の院に続く“参道”なのです。

全体はこんな感じです。

“生木の御門”

あまり信仰心が厚い方ではないのですが、こんなに神がかった奇跡があるのかと、しばし言葉を失います。

皆さんあんまりここまで入ってこられないようでした。たしかに道が少し分かりにくくて、民家の真横みたいなところを通るのですが、一度訪れる価値があると思います。

いやー、いろいろ魅せてくれました。しまなみ海道。うっかりお土産の柑橘もどっさり。これにて3泊4日の四国旅行は締めくくり。

名残惜しいけど帰りの松山空港へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です