アートと近代建築の街、ビルバオ(スペイン)

実はバスク地方最大の都市

もともとは製鉄や、造船で栄えた工業都市だったそうですが、今やアートと建築でバスクを代表する観光都市に生まれ変わっています。

人口が多いと言っても大都市のような喧騒や治安の悪さは全く感じず、とても過ごしやすい街。

陽が沈んだ22時頃でも、お年寄りが1人で川沿いの遊歩道を歩いていたり、女性1人のジョギングや、子連れで歩いている人たちが多かったです。

旅程の都合で、滞在時間は短め。

16時にビルバオ入り→散策&バル巡り→翌日はコーヒー&散歩→ランチで→13時頃には出発

短時間でも街歩きに食事にかなり楽しめました。見所も徒歩圏内にまとまっています。夏場だったので日没が21時過ぎだったのも大きいかも。

あ、いや、夫婦ともに芸術にそこまで関心がないからか(・・;) ?美術館の中とか見て回るなら丸一日観光に使えるスケジュールの方が良いかもしれません。

わが家は断然、アートよりお酒(^_^;)

街歩きで見かけるビルバオのアート・建築

全部は見ていないので街歩きで見かけたものだけ。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館

ビルバオで最もシンボリックな建物。

昔のゲームに出てくる要塞みたい。

1970年代から産業が衰退し、公害や失業率に悩まされた街が、新たに文化都市として再生するために誘致したのが、この美術館。

当時は、商業施設、産業誘致への投資を期待していた市民から猛反発にあったそうですが、3年で初期投資回収し、環境修復への再投資や、その後の文化都市づくりの起点になったそうです。

美術館前のパピーのオブジェ

これ、よく見るとカラフルな表面には全て生花が植えてあるんですよね。

美術館の周辺には、この他にもアートなオブジェがたくさん。

六本木にある蜘蛛のやつ!

ルイーズ・ブルジョワの「ママン」という作品だそうです(紹介雑っ)

あと、こんなのとか…(おいっ!)

繰り返しますが、ビジュツ・ゲイジュツ、ヨクワカリマセン。(建築物は好きです汗)

その辺の壁にも巨大なペインティング。

す…、うん!アートが好きな人にはたまらないでしょうね(`・ω・´)

混雑もしてないし、アート作品がある場所はゆったり過ごせるようなところが多いです。

各所で景色や目を引くアートを見ながら散策するのは楽しい♪

ヨーロッパの街並みに融け込む、現代建築

両サイドのビルは日本人建築家の磯崎新さんの設計だそうで、マップにもTORRES ISOZAKIと表示されています。

隠れちゃってますが、この先の川にデザイン性の高い橋【スピズリ橋】があります。

夜はこういったランドマークがライトアップされているので、夜景もおしゃれ。

割と現代的な建物が多く見られますが、川沿いから街の東側の景色はヨーロッパっぽくていい感じ。

旧市街は、川の東側サンティアゴ大聖堂の周辺です。細い路地で、飲食店も多め。

ビルバオでバルホッピング

サンセバスチャンで全力予定でしたが、ビルバオにも良さそうなバルやレストランが多いです。

ただ、事前にチェックしてたお店は夏季休業が多くて(特に人気店)あまり入れず…

Google map片手に街をうろうろ、目に留まったお店に入っていきます。一杯飲んで、一口摘んで、次の店って感じで、軽めに。

La Roca

https://larocabilbao.com

通し営業かと思って行ったら、フードメニューは時間前との事でオーダーできず。とりあえずバスクに来たからには“チャコリ”から( ^ ^ )/□

チャコリはバスク地方でよく飲まれる低アルコールワインなのですが、

微発泡で、酸味とミネラル感が良い感じ。夏とか喉が渇く時はほんとグビグビいけちゃう。

ちなみに、ちょっと高いところからグラスに向けてビャーーーっと注ぐのも特徴。非常に飲み易いので、の旅の間ずっとチャコリでいいや(*´-`)ってなります。

Sorginzulo

https://www.sorginzulo.com

ちょっと旧市街まで足を運んで。

サンセバに行く前に、ここでピンチョスデビュー!

スライスしたバゲットに具材がのったひと口おつまみ。元々は「串刺し」みたいな意味らしいです。

そして、やっぱスペインは生ハムが安くてうまい。チャコリはLa Rocaで飲んだのよりも、もっとさっぱりしてました。

なんか、その辺の店(・・;)

良さそうなお店がことごとく休業中で、近くのお店に。

カウンターに少しピンチョスが並んでて似たような感じなんですが、パンがボソボソしててちょっとイマイチ。

そろそろパンもお腹いっぱいだな。バゲットがカリッとしてないやつだと萎えるし

パンに乗ってない普通のタパスがほしい…。

川沿いのお店で小休憩

さっきまでのお店やってる事はかわらないけど…休憩のビール♪(´ε` )パンも無しで!

川沿いにテラス席のバルが並んでいるので、明るい内は気持ちいいです。

Bar Monty

さすがにお腹いっぱいの20時くらい(まだかなり明るい)。もうタパスもピンチョスもいらないので生ハムとチャコリ。

せっかくなら、その場でスライスしてくれる店がいいなと、近くにあったこの店へ

交差点の角で、わかりやすい。

ありますねー、スライサーd(^_^o)

切り立ての生ハムうまい。

ただ、食べたあとにちょっとイガっとくるのは気のせいか??オリーブオイルか、脂身か知らんけど。

まぁ、安いからなー。

最後はホテルのテラスバー

散々歩き回ったので、ホテルに帰って本日最後のbar。何気にロケーションとお酒(カクテル)はここが一番クオリティ高かったです。

VINCCI CONSULADO DE BILBAO

https://www.vincciconsuladodebilbao.com

グッゲンハイム美術館からすぐの立地で、美術館や夜景も見える、滞在にもおすすめのホテル。

なぜか日本の米菓がスナックに置いてあったり、ジンもMonkyとか、良いやつ使ってます。

ビルバオ宿泊にした理由は、翌日サンファンデガステルガチェに行きたかったからってのも大きくて、オマケ程度の滞在でしたが、かなり楽しめました。

翌日はスペイン一の絶景!?ガステルガチェへ。次の記事で紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です