一晩で仕込める♪絶品ビーフジャーキー【自家製燻製レシピ】

キャンプで!自宅で!自分作るビーフジャーキーがめちゃウマ

さぁ!気候も良くなってキャンプシーズンはまだまだ続きますね。

ま、キャンプはただのイメージですが…

アウトドアや、時間のある週末にぜひ試してほしいのが自家製ビーフジャーキー!

庭のないお宅でも、小さな家庭コンロ用燻製器があれば、割と簡単にできちゃいます。

わが家も昨年燻製器を買って以来、いつかは自家製ベーコンかビーフジャーキーをやってみたいと思っていました。

とくにビーフジャーキーは大好きなピッツェリアでもよく食べてて、その美味しさは実証済み!

市販のジャーキーの美味しいやつとかいう次元ではありません!

うまいんだ、これ

しかも、ベーコンみたいに何日も仕込まなくていい!!一晩漬け込めばいいので1日半あればできちゃうんです。

生の牛肉から!自家製ビーフジャーキーの作り方

そんなにいい肉である必要はありません。その辺のスーパーで牛肉の赤身を買います。

【材料】

・牛肉 赤身ブロック 500g
→量は多めでOK

・塩 25g
・砂糖 30g (三温糖が良いらしい)
・ブラックペッパー 少々
・少々チリペッパー 少々
・ローストオニオン 少々
・水 1/2 カップ
・こいくち醤油 1/2 カップ
・赤ワイン 1/2 カップ

【前日の仕込み】

ソミュール液作り
上記材料のうち、牛肉以外を一度煮立たせて、冷ましておく。※スパイスは適量です。

牛ブロックを5〜10ミリ幅でスライスし。ジップロックで冷めたソミュール液に漬ける。

→密閉してそのまま冷蔵庫で一晩寝かせる。だいたい10時間程。

※肉の切り方は筋繊維にそって平行に切るのがおすすめ。食べるときに噛み応え持続感がのこります。

【当日】

①塩抜き(15分くらい)

一晩つけた牛肉を、流水で洗い水を張ったボールに移し変えて冷蔵庫へ。

濃いめか好きなら洗い流すだけでもOK。私も流すだけでやりましたが、ちょっと塩辛すぎたので15分くらいが理想?

②風乾(4時間程度)

ボールから牛肉を取り出したら、キッチンペーパーで表面の水をとって風通しの良いところで乾かす。

冷蔵庫がいいらしいけど、けっこう臭いがつくかも。夏場でも風の通る日陰なら問題ありませんでした。塩分濃いしね。

網やネットがあると楽。

4時間ほどでも、けっこう水分無くなります。

牛肉の匂いがあるので、密室でやるのはあんまりおすすめしません。換気扇回すなど。

③燻製(熱燻)

おなじみ「スーパーいぶすくん」で燻すとあっという間に100℃〜120℃でるので、15分くらい燻製。

さぁできてますかね??

お!いい感じでは??

いいスモークの香り。

ジャーキーはカピカピではありません!ややしっとり肉っぽさを残した自家製ジャーキー。

ちょっと味見

シェフとして、ここは一番に…

う、、うめぇ

初トライにしてなかなかの出来では?

いつものジャーキーと比べると肉感、スモーク感ともに別格!

うまいよう、こいつー

わが心の師「燻製導師」さまによると、これを一晩冷蔵庫で寝かせたら、さらにおいしくなっていたとのこと!

熟成?するとうまくなるのかぁ

楽しみだな。

とりあえず、できた分をカットして

カンパイでもしましょうや♪

これは私だけじゃなく

みんなにも大好評♪

冷めたらちょっとしょっ辛くなってきたので、やはり塩抜きは少ししておいた方が良かったのかも(水分がとんだから?)

ビール、ハイボールなら、このままでも全然いける。というかうまい。

うまい(о´∀`о)

うまい…

明日の分までなくなりましたとさ…

めでたし、めでたし

【次回に向けての改善策】

→たくさん作ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です