エリンギってここまでおいしくなるのか!台湾で出会ったヤミツキきのこレシピ



スポンサーリンク

ごくシンプルなのに感動モノの美味しいレシピ

台湾旅行【番外編】

日本人にも人気。台湾に行ったら、行きたいお店として以前の台湾旅行記事で紹介した “雲南料理店 人和園雲南菜”

看板メニューの
“スナップえんどうのスープ”などが人気で
台湾駐在員も通いつめるお店。

この人和園で食べた料理
どれも美味しいのですが、中でも
忘れられないのがキノコを揚げた料理

“干煸香菇”

外側カリッと、ピリ辛

ほのかに甘じょっぱくて、噛めば噛むほど深みのあるキノコの旨味が浸み出してくる。

そして、ほどよい香ばしさがたまらない。

お店の人に聞くと
「エリンギを低温で揚げた」ものとのこと

パードン?揚げただけ!??

メニューに雲南エリンギと書かれていますが
日本のエリンギと同じものかは不明です。

家に帰ったら絶対やってみよう!と
心に決めて帰って来たのでした

そして、お正月休み

こたつでみかんを食べ、正月番組を見ながらだらだらと過ごす生活。

時間をもて余すので、お店での聞きかじり情報と大雑把なイメージを頼りに“干煸香菇”を再現してみることに。

【材料】
エリンギ 1パック
鷹の爪 1個
塩 適量
砂糖 適量

【作り方】
①エリンギを細かく割く。
だいたい5ミリくらいになるように。

こんな感じで、けっこうどっさり

ちょっと手間がかかります。

②鍋に油を入れ低温(150℃)くらいに

【温度の見極め法】
→低温
箸を鍋底につけるとわずかに泡が出る
→高温
箸を油につけたとたん表面で油が跳ねる

③半分に割った鷹の爪とエリンギを入れ
じっくりと揚げる。

エリンギがこんがりキツネ色になるまで
水分も抜け量もかなり減ります

④トレーに上げキッチンペーパーで余分な油を吸わせたら、塩と砂糖ひとつまみをまぶして味を整える。

再現度70%くらいの感触ですが
箸が(もはや手が)止まらない旨さ。

これは発見!だまされたと思ってぜひトライしてみてください。

日本からかなり行きやすくなった台湾

桃園空港から市内まで地下鉄も開通したそうで、国内旅行みたいな気楽さになりました。

台湾旅行の際にはぜひ本店にも。あ、予約はした方が良いです。

人和園雲南菜

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/taiwan/A5403/A540313/54000233/top_amp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です