「麺屋一燈」食べログ日本一のつけ麺に平日ランチで並ぶ

今日はお休みが取れたので、美味しいラーメンでも食べに行こう!という事で

せっかくなら日本一のラーメン屋に!月曜ランチタイムに行ってきました。

麺屋一燈

お店は中央線のJR新小岩駅から徒歩5分。割と行きやすい立地。

なんと食べログ評価4.09!!

東京で一番なのはもちろん、全国の食べログに掲載されているラーメン店 51054軒(2018年6月現在)の頂点に君臨する店。

改めて東京ってすごい!いろんな“日本一”がだいたい手の届く範囲にある。

もちろん、評価の問題なので、日本一優れた味!と言っているわけではないのだけど。

日本一と言われると試さないわけにはいきません。

意外と並べる?平日の待ち時間

お店に着いたのが月曜日12:20

ランチタイムのどピーク

並んでるけど長蛇と言うほどでもない?

店は奥だけど、並びきれないので少し離れたところまで、常時20-25名の列。

並んでる途中で一度店内に案内され、先に券売機で買うというオペレーション。

この日並び始めから、目の前につけ麺が出てくるまで、ちょうど1時間。さすがに勤務中のランチにはムリだけど、営業や外仕事の人達は結構並んでました。

平日でも1時間半もあれば、日本一のつけ麺を食べて出てこれそうなので、時間に融通の効く仕事の人にはいいかも。

ちなみにすぐ近くに「つけ麺 一燈」もあります。こっちは同じつけ麺といっても、ちょっと個性的なメニューが並びます。

スタンダードなつけ麺が食べたい場合は間違えないよう「麺屋 一燈」のほうへ。

いよいよ、ご対麺!

チャーシュー濃厚魚介つけめん

いただきまーす!

うまーーーい!

ドロっと凝縮されたスープがたまらない。鶏白湯スープに5種類の魚介、甲殻類を混ぜ合わせ高濃度に炊き上げているんだそう。

どちらかと言うと甘みが際だった感じのする濃厚スープ。自家製麺との相性もいい感じです。

ホームページを見ると全てにこだわっている感がすごい。さすが超人気店。

そして、さらに特徴的なのが

生肉風チャーシューがうまい!

よくある煮込んだチャーシューではなく、最近流行っている低温調理した生肉風の淡麗真空チャーシュー。

ぷりんと歯応えで弾力もあって、噛むほど肉の旨味がでてくるんですが。

これが普通のチャーシューみたいに強過ぎず、濃厚スープに絡むことでさらにうまい!

肉とスープの新たな境地、ここに開けりです!

チャーシュー麺で、肉計6枚ですが、意外にもペロリといけて後悔もなし!

食べログ日本一というタイトルと工夫が重ねられた美味しいつけ麺、そして意外とたどり着くのが困難ではないことを鑑みても、これは並んで絶対に損はないお店。

気になっている人は、“決め”で一度行ってみた方が良いと思います。

旨いつけ麺を食べて思う事

麺屋 一燈ウワサに違わぬ美味しいお店でした。

が、、、

かなり個人的な

趣向を言わせて貰えば、、、

六厘舎の方が好きだ。

どちらかというと口にした後の余韻を“甘み”ではなく、そのままストレートに“旨み”で終えたいたちなので、次行くとしたら六厘舎かな。

美味しいつけ麺を食べた後に食べログ見ると、まだまだ食べログ4点以上の店や、高得点の店が東京から行けるだけでも沢山あるんですね。

せっかくだから、いろんなつけ麺(またはラーメン)を試してみて、わが家的No. 1店を探してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です