勝浦漁港で一番おいしいカツオなら 料亭?市場?いやいや“荻野”でしょ!!

本当にうまいカツオを求めて勝浦漁港まで日帰り旅

これまで高知のカツオ愛を語ってきましたが、関東にも絶品のカツオありました!

関東でカツオの水揚げが最も多いのは千葉県の勝浦港

東京からは車で2時間弱、電車だと2時間半くらい。まあ日帰りできる距離です。

勝浦の朝市といえば400年以上の歴史をもつ日本三大朝市の一つ。

海、景勝地はもちろん、ゴルフリゾートなども近くて、小旅行やレジャー、木更津アウトレットの寄り道にもよいです。

そろそろ戻りガツオの季節なので、日帰りでうまいカツオを食べに行ってきました。

ブログなどを調べてみると「日戻りカツオ」なるものが、

遠洋で行われる一本釣りと違って、近海のひき縄漁でカツオを釣って、その日のうちに戻ってくる。この日戻りカツオがおいしいらしいのです。

そして、ここ!という名店の予感がする店を見つけちゃいました。

わざわざ食べに行く価値ありです。

魚のプロこだわりの 荻野商店 & 魚屋の食事処おぎの

料亭や、市場食堂をスルーして、たどり着いたのがここ↓

https://casual-japanese-style-restaurant-821.business.site

勝浦駅から歩いてすぐの個人鮮魚店です。

※水曜 定休日

お店の中もいたって普通

あ!

「日戻りカツオ入荷!」

やった!!

「カツオ食べたくてきました〜」と言うと

「今日のはすごくいいカツオだよ!」と店主のおっちゃん。

店の奥からチラッと見せてくれました。

ここ数日はあまりいいカツオがなかったみたいで、仲買さんがカツオを開いて見せてくれだけど、買わなかったんだそう。

「うちは場末の店だけど、変なものは置いてないから」と、魚の質にはかなりのこだわり。

今日の特に良いというカツオはある漁船から買い付けたもの。

日戻り漁では一隻10尾くらいしかカツオを上げないらしいのですが、この漁船◯◯丸さん一番カツオの処理がうまいんだそう。

いろいろと、うまいカツオの条件も教えてもらえてめっちゃ楽しい。

手前のアワビも異常にデカイ!

期待が高まります。

お土産用にサバや、サンマ灰干しという絶品の干物があるらしいです。

おっちゃん曰く

「こりゃあ、芸術的よ」

とのこと!

めっちゃきれい!

夜の分までお腹空いてきました。

まずは、お隣の食堂でランチを!

これが絶品 日戻りカツオ定食!

食堂はまだ新しいくてきれい。

さっそく日戻りカツオ定食を注文

時価らしく、この日は1650円

きました!

けっこうたくさん盛ってくれます。

皿やお椀もデカイので分かりづらいですが、充実の量。

こっちからもパシャリ📷

脂はまだそんなになさそうです。

さっそくいただきます🙏

ふぉ!∑(゚Д゚)

なんじゃこりゃあ!?

うますぎる!!

想像以上のもっちり食感に驚きます。

血のにおいもない、とびきり爽やかな初ガツオのような香りと旨み。9月でもこんなカツオあるんですね。

脂を蓄えた戻りガツオのイメージとは違いましたが、めちゃくちゃうまい!

ペロッといけちゃいます。

見た目にもこの美しさ(*゚∀゚*)

透き通るようなきれいな赤

断面もつやつやでぎゅっと詰まってます♪

見ても食べても美味しい。

さっぱりしてるのでいくらでも、あっという間に食べれちゃいます。

案の定、ご飯との配分を間違えました…

もう一皿頼むか?迷う…

お刺身だけなら、この日は1350円でした。こんなの滅多に出会えないから、あり?ですよね??

はぁ〜、おいしかったぁ♪

お店の大将から話を聞けば聞くほどここしかない!って思います。

近くの料亭で同じカツオを食べようと思うとお値段も倍はするかも。

カツオに関する誤解

荻野で教えてもらった美味しいカツオの条件。今まで勝手にもってたイメージとちょっと違いました。

一本釣りカツオが一番おいしい?

テレビで海の男たちのカツオ一本釣り!みたいなのに影響を受けてましたが、魚のプロに言わせると違うみたい。

あれだと、カツオが船に叩きつけられちゃって傷がついちゃう。しかも、遠洋漁船なのでそのまま急速冷凍。

近海の日戻りひき縄漁のほうが、釣ってすぐシメ血抜きも丁寧にされるから美味しいんだと。

釣りたてすぐが一番おいしい説?

実はこの日定食で食べたカツオも前日の日戻り漁で獲れたもの。

獲れたては身がブヨブヨしてゴムみたいでおいしくないんだそう!

シメてから一晩くらい寝かせてたほうが、身がしまっておいしいんだとか。

まさに今回は最高のタイミングでした。

いやいや勉強になりました。

お土産は絶品の“灰干し”を

最初に見せてもらった干物ですね

サバ、サンマ、キンメ、アマダイとありますが、店主曰く、おすすめはサンマとサバ、

サンマは三笠宮様が生前に見に来られたとか、サバは某女性タレントも好きだとかで期待値上がります。

キンメは高いけど、ご飯にはそんなに合わないからと、店主自らお勧めせず 笑

灰干しサバ1尾(700円)、灰干しサンマ2尾(350円×2)をお土産に買って帰りました。

価格もリーズナブル!

家でおいしく♪灰干しの焼き方

焼き方も超簡単。グリルもいいですが、おいしく焼くには蓋つきのフライパンクッキングペーパーがあれば十分です。

フライパンに1尾収まらないので半分にカット。干物のイメージと違ってけっこう生。

フライパンにクッキングシートを敷いて、皮の部分を下にします。

そのままフタをして中火で5-6分焼くだけ(サバは身が厚いので6-7分)。

たったこれだけで、身はふっくら、皮目はパリパリに仕上がるんです。

特にひっくり返す必要もなし!

見てください↓

い〜におい♪

しかも、、、

うまーい(//∇//)

塩味そんなに強くないのに旨みが濃いい!

生から焼き魚と干物のハイブリッド的な。

すんごい美味しい

みんなが虜になるのもわかります。

サバなんて反則ですよ。

ふっくらジューシーな身からでる奥深い旨み。

米がすすむすすむ💦

日本酒と合わせても最高でした。

灰干しって初めて食べました。

こんなにうまいものが身近に!しかも安価であったなんて!しばらくハマりそうです。

都内の百貨店にも卸しているそうですが、ここで買うよりは値がはるそう。

冷凍で1ヶ月はおいしく食べれるので少々買いだめもOK。

荻野商店、近くないけど、絶対にまた行きたい名店でした。

他にも名物メニューが

海鮮丼(上)にはさっき見たアワビやウニものっているという(@ ̄ρ ̄@)

一品料理もたくさんあって、飲みに来るのも良さそう。

かなり大きい方の伊勢海老やカサゴなど魅力的な海の幸も控えております。

近ければ、月に一度は来るのになぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です