知らなかった!駅弁“えび千両ちらし”が東日本No. 1に

JR東日本 駅弁味の陣2017

昨年末に密かに(知らなかっただけ…)こんな企画・投票が行われていたみたいです。詳しくは「駅弁味の陣とは?」参照

そして、東日本の駅弁最高峰に選ばれたのが新潟の“えび千両ちらし”!私が大好きなやつじゃないですか!?

新潟県の中でも新発田市という、県の中心地からはかなり離れた町で作られているので、もともとは全然知らなかったんですが

何年か前に駅弁ツウでも知られる俳優 高嶋政宏が「日本一うまい」とテレビで絶賛していたのを見て、「こりゃいかん新潟に住んでて食べたことないなんて」と買ってみてハマりました。

以来、出張の度にこれを買って食べるのが長距離移動時の楽しみなんです。

以前は新潟駅か東京駅くらいでしか買えなかったんです。最近、新宿駅とか他のターミナル駅でもよく見かけるなぁと思っていたら、こんな名誉な事になってたなんて!

新宿駅 “駅弁屋いただき”

名前の割に見た目地味…。だけど、脱いだらすごいんです!

この“えび千両ちらし”前評判を元に期待してフタを開けるとちょっとがっかりするかも…。

“えび千両”なんて豪華な名前が付けられた割には、玉子焼きが敷きつめられただけ。

いちどテンションが下がったところで、お弁当にお箸を入れます。

すると、玉子の下からザクザク出てくるではありませんか!?実はめくったらすごいんです!

イメージ図(駅弁味の陣HPより)

蒸しエビはキュっと酢醤油に通してあって、だし巻き玉子の甘みと相性抜群。

イカの一夜干しもコリっと歯ごたえがうれしい。旨味もぎゅっとつまってます。

コハダの酢〆から、うなぎの蒲焼きと、しめた味から甘いものまでいろんな味が楽しめるのがいい。地味にガリやとろろ昆布もいい味出してます。

期待させてから一回サゲる、そして最後はアゲてくるこのドヤ感がまた憎めない。

出張時は飲めないけど、これがビールにも合うんですよ。電車旅の時にはぜひお試しください。

このまま人気を保ちつつ、どこでも買える駅弁になってくれると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です