水炊き♪もつ鍋♪魅惑の屋台♪ 博多の夜のおいしい店巡り【2019年版】

2019年9月 名店追加【最新版】

博多の憂鬱 〜食べたい物が多すぎる〜

夕方着のLCCで博多入りもできる。

福岡空港から博多駅まで地下鉄で5分程という近さがいいです。

そこからの博多グルメ!

本場の水炊き、もつ鍋、明太子、ラーメン、屋台巡り、博多一口餃子も忘れちゃならん、居酒屋の魚だってうまいし…、有名店or地元系??…etc

一生迷っていられるくらい💦

どう考えても食事回数が足りない

ここは決断を迫られます。

よし、しょうがねえ!

夜は1日2食!鍋と屋台に行っちゃるぞーー。

久々の博多グルメ旅 第1弾では、ダントツの有名店「水炊きの雄、もつ鍋の雄」と言えるようなお店を目指しました。

そして先日の第2弾リメンバー博多旅(2019年)ではローカルな優良店も見つけてきましたよー♪

屋台事情も少し変わってきてました♪

一度は行くべき二大絶品鍋料理

創業100年 “水たき 長野”

「ここに行けば間違いない」と博多の地元民もすすめる店。美味しくてお手頃価格。

スープは白濁系ではなく透明。脂肪分の少ない若鶏だけを使っているんだとか。

あっさり味だけどしっかり旨味が効いてて美味しいスープ。つみれ、入れる前はこんな感じ。仲居さんがやってきて目の前で炊いてくれます。

あと、鶏肉がうまいのはもちろんのこと、すごくぷりんとしてる。噛むとぷりんと切れる食感が結構ツボ。

ここまできたら当然いっちゃいます。本日一軒目ですが〆の雑炊

ん〜〜〜、うーまい。

これは、今まで食べた雑炊の中で一番!

福岡No. 1のもつ鍋 やま中

本店は予約ができず、赤坂店に。もつ鍋のイメージと違って結構おしゃれで綺麗な店内。

そして、もつ鍋。見た目にもこってりパンチのありそうなスープ。口に入れた途端に、

む、これは!

イェーーーーーーイ!!

これこそがぁー、空前絶後のぉ、超絶怒涛の鍋スープ!!モツを活かし、モツに生かされる究極のコンビーネーション。

ボフッ🌋

ジャスティス!的な…

食べた途端に口の中が騒ぎださんばかりの旨味合戦!

みそ味を頼んだんですが、野暮ったさが全くない、ただただ旨いスープに衝撃を受けました。

〆には麺を入れちゃいます。これも説明不要のおいしさ。

有名店でもここまで期待を超えることってなかなかないですよね。

期待に期待を重ねていっても、なおまんぞくさせてくれます。

そして、2019年!

博多在住の友達&博多育ちの旦那さんに良いところをきいたら、やはり!

ここ「やま中」はランクイン!

そんなわけで2度目のやま中はしょうゆ味を食べてきました。

これまたうまーい。

かなりニンニクの香りも効いてます。

味噌よりはあっさりめ、でもしっかりしたしょうゆスープがモツの旨さと一緒にせめこんできます。

これもうめぇ!

しょうゆ、うめぇ

あんなに味噌に感動したのに、醤油のほうが好きかもと思いました。

思わずモツだけ追加!!

他のもつ鍋店からすると少し高めの価格設定らしいですが、福岡が初めての人には本当におすすめ。

これを知ってしまったら、もう後には戻れない!?絶品 味鍋 味味

家族経営のこじんまりとしたもつ鍋屋

お店を建て替えたばかりのようで新しくてキレイ

地元系なだけでも好感がもてますが

素材がものすごく良いです。

ちょっとした家族行事だったり、やや年の離れた味にうるさそうなオッチャンがかわいい子を連れてきてたり。

人を連れて行ったら絶対に喜ばれる店

メニューもシンプルです。

早速、もつ鍋をと行きたいところですが

まあま、焦りなさんな

まず頼むべきはこれ

感涙のタン刺し!

正直、安くはないですが

たぶん食べた事がないような衝撃

真っ白に霜降っている極上の牛タン

このまま、ちょっと甘めの醤油と薬味を添えていただきます。

もうね…

言葉がありません…

これは、2,500円だしても一度は体験してほしい超絶品です!

そして、おまちかね

上品なのに究極に美味しい味鍋(しょうゆ)

醤油味一択です。

こだわりを感じますね。

こいつぁ、ヤバイです。やま中の絶品しょうゆとはまた別物

モッ鍋って結局にんにくが強かったり、こってりしてたり(それが旨いんですが)

こんなに澄んだしょうゆスープがあるのか!それでいて、モツに負けない強い印象のスープ。究極にバランスとれてる!

ただただ驚きです。

ただただスープを飲み続けます…。

このスープに合わせるモツは鮮度も処理も完璧で、臭みが全くない。

無限に食べ続けられます。

酢モツなんかのサイドメニューも美味

ほんと素晴らしいお店を紹介してもらった!さすが博多グルメ育ち。

次に福岡旅行を組むときは真っ先に予約だな。

予約必須です!

鍋たべたら二軒目は屋台へ たまらん店がいっぱい

街に、河原に美味しそうな匂いのする屋台がいっぱい。ラーメンに、焼き物、おでんやつまみ系、天ぷらまでと、個性的な屋台がたくさんあって迷います。

「華丸大吉の癒着屋台」みたいなテレビ番組で取り上げられてたお店は夜ともなると観光客がすごくて長蛇の列ができてました。

それを脇目に見ながら、「テレビの悪い影響よ。出てる店だけうまいんじゃないったい…」とボヤいてる地元の父ちゃんも。

そ、そうなのか。

ということでギリギリ入れそうで雰囲気に惹かれた店に突撃。

揚げたて天ぷらがうまい 大政

暖簾にも幅広いメニューがありますが、なんと言っても天ぷら!

熱々の天ぷらと瓶ビール。外は日が落ち着いてきて熱気の中にも少しの涼しさ。こりゃ、最高です。

一軒目の水炊きで〆まで食べた後ですが、ちょいちょい頼みたくなる。

混んでくると、常連さんなのか大将に挨拶して、早めに席を空けてくれたりと、意外とみんなの譲り合いで成り立ってる。

偶然隣に座った人ともご縁ができたみたいで、その場はみんなで盛り上がる感じが楽しいです。

激レア屋台 なおちゃん

テレビでやってた店に入れず、渡辺通りを右往左往。何軒か並びで店名的にも、雰囲気的にもわれらが思い描くローカル屋台っぽい店に突撃。

実はこの店!屋台情報 ザ・屋台酔ってかんねによると、いつ出店してるか分からない激レア屋台だったみたい!

ラーメンがメインっぽい暖簾

いい!いいよ!このディープな感じ

串焼きにクジラ肉のタレ焼き

おでんも染みてる♪

そして、ここのラーメン。

屋台と思って侮るなかれ!なかなかうまい。

結構優しいタイプのスープで、お腹いっぱいでもスルスルいけちゃう。

ここは、あんまりよそから来た感じの人かいませんでした。

店名??「雲仙」の暖簾が目印

天神橋口交差点の付近

福岡銀行の真ん前に出てた屋台

とにかく味が良い

感動したのがシイタケのホイル焼き

何だらう?

おでんの出汁を使ってるのかな??

すげーうまいの!

とくにこのスープ

どうやったらこんな味になるんだ??

あとこれ↓

めんたい玉子焼き

ほどよい出汁感のふっくら玉子とつぶつぶ明太がたまらないコンビネーション!

屋台は地元の人と観光客が半々くらいですが

会社の上司を連れてきたらしい、ちょっとイキッた若いにいちゃんが、この屋台をめっぽう褒める。

それは聞いてて気持ちいいとして、一方で1、2品食べて、1、2杯飲んで短時間で帰る観光客をディスりだす…

や〜、あたしも、あなたがディスってる観光客の一人なんだけどな〜。

長居しないにしても短時間の割には注文数多いと思うけど

というか、ここに座ってる半分くらいお客さん皆んなそうなんだけどな〜

こいつ、帰りづらくしやがって(笑)

愛ゆえにですかねえ

間違いない! KENZO cafe

これは屋台のくくりじゃないのかもしんないけど、キタナシュランな激ウマ店

全てがそそる

何でもうまい

毎日食べると身体に悪い 笑

カウンターと2階にちょっと席があるのかというほどの、激セマな屋台風店舗。

ランチや、焼きラーメンのテイクアウトもあります。

濃厚ホルモン鉄板↓

甘辛タレと濃厚なモツにシャキッとモヤシ。すんげぇうまい!

レモンサワーとの相性抜群!

当然こっちも

名物 博多焼きラーメン↓

目玉焼きにマヨネーズまで

こってり続きでもペロッといけてしまうのが怖い。禁断の調味料とか入ってんじゃないですかね?

ヤバイです。

博多に異変?ネオ屋台!

レミさんち

博多屋台にまさかのフレンチ登場

日本、いや博多が大好きな、ちょいちゃらフランス人の屋台。

ここに座れば皆んな友達

メニューももちろんフレンチ

お酒もスパークリングをフルートグラス風のやつで

ムール貝の白ワイン蒸しとか

つまめる系が充実してます。

お好きな人はエスカルゴも

ちなみにお隣には

ロンドン仕込みの屋台 テラス&ミコー

2軒並んでヨーロピアン

手作りソーセージ、タンドリーチキンなど地元の食材を使った料理にワインが合います。

何より、盛り付けもおしゃれ

もはや屋台のそれではないスタイリッシュさ

久々にいったら新しいお店も増えてました。まだまだ奥が深い、進化する博多の夜。

今回もかなりハシゴで食べ続けたものの、行きたいお店がありすぎる。

LCCなら安いくいけるし、やっぱり博多はやめられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です