もりもり寿司で食べておきたい稀少ネタ〜東京で行く、金沢の極上回転寿司 〜

全国から集まる極上回転寿司

札幌や金沢、沼津、新潟など全国のご当地人気回転寿司が都内に進出するようになり、東京に居ながら、産地直送のおいしいお寿司を手軽に食べられるようになりました。

どのお店も、これ回転寿司か!?と驚くほどのおいしさに、鮮度、ネタの希少さなどもあって、回らないお寿司を凌ぐ満足度となることもしばしば。

GWに特にまとまった予定がないので、ここを皮切りに東京進出した全国屈指の回るお寿司を回ってみよう(なんかややこしい)!

ということで、行ったことがある店も含めて厳選してリストアップしてみました。

【札幌】
回転寿司トリトン
・根室花まる

【金沢】
金沢まいもん寿司
・もりもり寿し

【八王子】
独楽寿司

【小田原】
・あじわい回転寿司 禅

随時新しい店、行きたい店リストを更新していきたいと思いますがひとまずこのくらい。

どこも、美味しいだけでなく個性が光る感じでとても良さそう。その中で今回はこの店に行ってきました。↓

もりもり寿司 トリエ京王調布店

東京には、ここ調布駅と、東久留米のイオンモールに1店舗、神奈川のたまプラーザに1店舗の計3店舗

GWの後半初日、15時過ぎの入店。
待ちは3組で、15分くらいで入れました。ランチやディナータイムは長蛇の列みたい。

店内は空間が広くとってあって、ゆっくり食べられる雰囲気。お寿司は回ってますが、基本このタッチパネルで頼みます。

まず最初に、GW限定の特選もりもり五点盛りをオーダー。お値段2,150となかなかですが、

本マグロ大トロ、のどぐろ 、活アワビ、生雲丹握り、ボタンエビというS級ネタが特大で!

ボタンエビの噛みごたえと甘みがすごい。雲丹なんか、海苔なしで素材一本勝負。のどぐろもこのサイズの切り身はなかなか、めっちゃ脂乗っててとろけます。

五点盛りは通常、店長おすすめ五点盛りというのがあって1,300円。こちらから入るのがいいかも。

北陸ならではの珍しいのも食べたいので、

白えび
富山湾の宝石。小ぶりなのにしっかりした甘みで美味しい。

せっかくなので唐揚げも。これは美味しい、ビールが欲しい。意外と大きいんですね。

これは?がすえび
北陸ならでは。甘エビのような濃い甘みでありながら、身は少し歯応えのあるぷりっとした感じ。車海老と甘エビを良いところを足し合わせたような。えび好きのハートを鷲掴み。

リピートしたのはこれ!
のどぐろ珍味軍艦がおいしすぎる!最初に食べたのどぐろが絶品だと思ったけど、こっちの方が好きかも。しかも380円。

のどぐろ切れ端を炙った香ばしさと脂のうまみ。口に入れることで、さっきと違う歯応えと海苔の香りが合わさってたまらない逸品に仕上がります。

初めての生ホタルイカ
ボイルや沖漬けにしていない新鮮ホタルイカ。おいしいんですね。臭みがなくてプチっと中から肝のうまみが。

忘れちゃいけない富山のブリ
お手頃価格にして、特大の切り身と圧倒的なうまさ。あっ…、写真がない!

この時期旬のシマアジ
文句なしのおいしさ。この脂なのに身の弾力、歯応えが素晴らしい

高級魚 真ハタ
クエに近いと評判。ツルっとした断面で一見淡白そうですが、噛むとブリンとした歯応えで、うまみと脂が出てきます。

やー、大満足。どれもこれもとんでもなくおいしい。東京クオリティでは出会えない回転寿司が金沢まで行かなくても食べられます。

ちょっと今回は鼻息荒く高級ネタばかりを頼みすぎたので、お会計は2人で7,000円超となりましたが、お手頃ネタもちゃんとあります。

イワシゲソサワラ、ネタがすごく良いです。アジもオススメらしい。

いわゆる回転寿司で考えるとちょっと高めですが、ほぼオーダーで金沢の新鮮地魚を食べれるので、お財布的には回らない寿司や日帰り旅行のカテゴリーに位置づけても良いかも。

そう考えるとかなり安い!わざわざ行ってもきっと満足できるお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です