超稀少!幻の“セミエビ”【ふるさと納税】



スポンサーリンク

珍しいエビ見つけた!

実は私、無類の海老好きでございまして。
旅先やふるさと納税でありとあらゆる地域の海老をチェックしてしまうんです。

海外に行く時は、挨拶会話よりも先に
現地語で「エビってなんて言うの?」とチェックしてしまうくらい。

そして見つけちゃったのです!

長崎のウチワエビ以来の衝撃!

エビ界でも滅多に見かけない珍フォルム!

その名も “セミエビ”

分厚くて、ぷりっぷりな身肉は
伊勢海老を凌ぐ甘みとも
言われています。

基本的にセミエビ漁というのはないらしく、たまたま漁で引っかかったらラッキーという感じらしいです。

そのため漁獲量が少なく、一般にはあまり流通しない超希少な存在。まさに幻の海老。

ちょっと、か、かわいい❤️

そんな珍種がふるさと納税にサイトに出てるではありませんか!沖縄など南国で市場にでまわっていますが今回は高知。

こちらの方がコスパが良さそうでした。

高知県 黒潮町 ふるさと納税の返礼品
大きめの2尾、生きたままのお届けです。

寄付額30,000円

→最新2018年9月 復活!

幻の海老モンパ天然物 1.8

寄付額もランクアップの50,000円

沖縄の公設市場で見かけた時は8,000~10,000円くらいの値がついてたような…

セミエビのおいしい食べ方

とにかくお造りが最高とのことで

小細工なしの刺身一本勝負!

①頭と胴体の間に包丁を入れ、ねじり切る


胴体の腹側両方に包丁を入れ、腹の殻を剥がすんですが、、硬いのでキッチンバサミでバチバチ両側を切っちゃいます。


腹の殻を剥がしたら、大きめのスプーンを身と殻の間にすべり込ませ、殻から身を剥がし取ります。


氷水にさらしてしめる

あとは食べやすい大きさに切って完成。


せっかくくなので殻に盛り付け&ちょい炙り


うまい!身の弾力もすごい。

噛めば噛むほどにじみでるエビの甘み

これは至福。

醤油とわさびはもちろん安定の美味しさ

個人的には塩とちょっとのレモンが好き。


大きいのでひと切れもかなり食べ応えのある大きさ。超贅沢です。

調理に力が入りますが、魚を捌くみたいな技術は不要。割と簡単にできます。

※セミエビの足は予想以上に強いので、引っ掻かれないよう気をつけてください。

~おまけ~

忘れちゃいけない、シメの味噌汁


セミエビはダシがでないそうなので

市販のダシ少しと、エビのミソを全部投入

あと刺身にする時にグズグズになった背側の身肉を少々。

2人分ちょうどくらいの少なめのお湯で煮立てます。

寄付額は伊勢海老より割高ですが

この美味さと希少性、プライスレス!

リピは?

たぶんない。やっぱり伊勢海老の方が燃える。

と、思ってたけど、伊勢海老が高騰したのでたまにやるかも。味はもちろんオススメできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です