ちょっと食べてみて!!新潟夏の岩牡蠣がたっぷり3kg【ふるさと納税】

旅の合間に旬のふるさと納税情報

夏季の短い期間限定のハズせない逸品

申し込み期間が7月下旬までなのでそろそろ締め切られちゃうかも。

発送は7月〜8月中旬まで

牡蠣と言えば、冬が旬の真牡蠣が主流で、養殖ものもたくさん出回っていますが、

今回は、日本海側など一部地域で獲れる夏が旬の牡蠣、その名も岩牡蠣!

一般的に真牡蠣よりも大粒ジューシー。暑い夏にレモンわさっと絞って食べると最高なのです。

基本的に天然物なので、お値段は少しお高め。日本海側に住んでた時は毎年楽しみにしていました。

夏が来たので久しぶりに食べたくなり、ふるさと納税サイトをあさります。

新潟県 聖籠町 ふるさと納税返礼品
天然岩牡蠣(生食用)

20個入り(3kg)

消費期限(生食可)出荷日より5日

寄付額:11,000円

※受取日の指定不可→不在・受取不可日を事前に入力できます

鳥取県の「夏輝」ブランドの岩牡蠣も気になりますが、大粒のやつは寄付金額もかなり高め!

ちなみに岩牡蠣は栄養価の高い森の地下水が流れこむ海域でよく育つんだそう。鳥取の大山の麓なんかはまさにうってつけ。

小ぶりでも新潟の岩牡蠣はとてもおいしいので今回はこれにしました。3キロってすごいですよ。気前良すぎ!!

少し大きい真牡蠣くらいのサイズで、岩牡蠣としては小ぶり。

お!22個も入ってる(゚∀゚)

さばき方の説明牡蠣ナイフも入ってます。

早速さばいていただきます。

あとで紹介しますが、岩牡蠣の殻の開け方、最初はなかなか苦労します。

できました〜😩🖐

苦労の結晶

小ぶりですが、開けて見るとけっこう身がぷっくり詰まっています。

レモン買うの忘れたなーとか

後でちょっと炙ってもみるかなーとか

いろいろと美味しくいただく妄想を膨らませていましたが、食べてびっくり!

ん〜、うまい( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

なんも、いらねぇー

レモンすら無くてもいいです。

水でさっと流しても、身に塩気がしっかりしています。

爽やかな磯の香りと、小ぶりながらすごく濃厚な牡蠣のミルクがたまりません!何個でも食べれちゃいます。

たくさんあるので、

翌朝起きたら殻を割って、朝牡蠣

潤う(´∀`*)

殻開けもだんだんうまくなってきました。

岩牡蠣の殻の開け方

同封の説明書と牡蠣ナイフを使って開けます。

わかりにくい部分はこちらのサイトに貼ってある動画を参考にして開け方を確認するといいです。

https://kakifan.com/how_to_open_oyster

最初の一手が一番大変

実際やってみると、こんなにうまくいきません!そもそも割れ目に?ナイフが全然入らない!

真牡蠣みたいに平らでなく、ゴツゴツと湾曲しているので、最初に上の下のからの隙間にナイフを差し込むのが大変。

うっかり強くやると手をケガします(しました…泣)

ナイフを差し入れる時のポイント

いきなりぎゅっと力を込めないで、割れ目に当てたナイフを押しながら、少し前後に回転させるように、こじ開けるようにいれていくと楽。

割れ目の位置も見えにくいのですが、かなり上のほうにあります。

こんな感じで、フタみたいな付き方

難しい場合は右上のところをキッチンバサミなどで切って隙間を開けてからやる方法もあるみたい。

リピートは?

ありです!

夏の定番にしたい。ほんとおすすめ!

最近、入れ替わりや寄付金額上げが増えてるけど、ここは変わらないでほしいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です