これはうまい!「天使の海老」と「北海道産ホタテ」生食セット&食べ方【ふるさと納税】

これは!?

最近よく見る「天使の海老」

イタリアンやフレンチで見かける事もあって気になっていたやつ。

高級料亭向け”と書かれていて、ふるさと納税では1kg/10000円の寄付でもらえる自治体がちらほら。

もうひとつのホタテ貝柱(生食)もだいたい1kg/10000円で寄付額のものが多いです。

そんな二つが奈半利町で超お得な生食コラボとして登場!!

高知県 奈半利町 ふるさと納税返礼品
生食コラボ♪

ホタテ貝柱 1kg
最高品質の天使の海老 1kg

寄付額15,000円

ちなみに、

ホタテはオホーツク海の猿払産

かたや海老はニューカレドニア産

※天使の海老は2019年9月現在、ふるさと納税サイトの全ての自治体から消えました(T_T)

まぁ、ニューカレドニア産ですし…

リピートできないのが残念ですが、ホタテも、海老も単体でもとても満足度高かったので記録に残しておきます。

しかも冷凍である程度の期間保存できるので、使い勝手も非常に良いんです。

食べ方いろいろ、ホタテと天使の海老のおいしいレシピ

1キロってかなりの量

ザクザク入っております。

美味しく食べるための解凍法

方法① 【推奨】
冷凍ほたて貝柱を冷蔵庫に移し、半日ほどかけてゆっくりと自然解凍。

方法②【時短】
解凍を急ぐなら、ポリ袋に入れて口をしっかり閉じ、流水にあてるか、直接塩水に浸す。

真水に浸すと水っぽくなるので注意

方法③【急ぎ/推奨】
ボールに氷を入れ、塩を小さじ1杯ふりかけ、この中にカチカチに凍った冷凍ほたて貝柱を入れる。→ラップをして、このまま常温で解凍すると、生ほたて貝柱と間違えるほど。

ポイントは氷で冷やしながら0度近くで解凍し、ほたてが水っぽくならないように氷に塩を振りかけておくこと。

大粒の甘み、ホタテのお刺身

お醤油つけてそのままパクリ

ボリュームがあって

しっかりした甘味、美味しいです。

自然解凍はやはり時間がかかるので、急ぎの場合はパックに密閉して流水解凍も可。

いいんですか!?ホタテのなめろう

お刺身の後はちょっと変化球

ミョウガ、大葉、すりおろし生姜と味噌で叩いて和えます。

実はこれ、高円寺の「貝料理専門店 あぶさん」で食べて美味しかったメニュー。

お刺身ホタテを大胆になめろうにしてしまうという斬新な発想。

沢山ある時はぜひ試してみてください。日本酒のお供なんかに最適。なかなか良い味でてます!

ちょっと火を通すとさらに美味

やはり貝は熱を通してこそ旨くなる。

しかも、生でも食べられるものをレアに仕上げる贅沢。刺身と焼きの良いとこ取り。

今日のメニューは、ニンニクとバター、塩で軽くソテー。仕上げの一工夫で軽くイタリアン。

【作り方】

①オリーブオイルに刻みニンニクを投入し、弱火でじっくり火を通す。

②ニンニクがカリッとしてきたら、火を強くして、ホタテとバターを投入し、片面ずつさっと焼く。生でもOKなので、焼き加減はお好みで。

③塩で味を整えたら、仕上げに乾煎りしたパン粉をまぶしても美味しいです。

旨いパン粉
シチリアではパン粉は調味料のひとつ。香ばしく、から煎りしたものを、様々な料理にふりかけるんだそう。

作り方は簡単。パン粉はミキサーにかけるなどして細かくし、冷たいフライパンにいれて弱火〜中火にかけ、濃いめのきつね色になるまでから煎りすれば完成。サクサクした食感と香ばしさがクセに。

最高品質!天使の海老

これはすごくいいですね。

刺身でよし

焼いてよし

茹でてもよし

何しても格別に旨いです!

甘くてプリプリなお刺身

流水解凍で1、2分

冷凍庫から取り出してあっという間に解凍できる手軽さ。

生のままだと身が青っぽい。

大胆に一匹ずつ剥いたまんまで頂きましたが、お刺身はもう少し薄くスライスすると良いみたい。

「究極の刺身」と書いてある通り、すごく美味しい!甘えびと車えびを足したような、歯ごたえぷりっとしてるのに、ねっとりあまーい。

これは誇張なしでおすすめ。
(ただふるさととは関係ない…)

いっぱいあるからできる!贅沢な海老のなめろう

これはちょっとした夢。

海老をちょっとだけ、なめろうにしてみる企画。お刺身から5尾だけ引っ張りだして、ミョウガ、大葉、すりおろし生姜と味噌で叩いて和えます。

せっかくなので、頭の殻をちょっとトースターで焼いて、中の味噌も一緒なめろうに。

海老ミソのなめろう!

うまーー!!

味噌味強いけど、海老も甘みと歯ごたえがあるから負けてない良いバランス。

ご飯に乗っけた写真は

ブログ載せるだけで、もはや飯テロ!

天使の海老とトマトのリングイネ

もちろんイタリアンだって!

この海老は殻も薄くて柔らかいので、焼くと殻ごとでも食べられます。

あと海老ミソが濃くて美味。

【材料】

・天使の海老 6-8尾
・トマト 2-3個(またはトマト缶半分)
・ニンニク 1片
・白ワイン 少々
・パスタ(リングイネ)200g

【作り方】

①海老は殻付きのまま背中から包丁を入れて背ワタをとる。

②オリーブオイルに刻んだニンニクをいれ弱火から温める。香りが出たら中火くらいで海老を投入し、火が通ったら海老を一旦お皿にあげる

生食用なので焼き加減はお好み

③そのフライパンに海老の頭とトマト(またはトマト缶)、白ワインをいれソース状になるまで潰しながら煮詰める。

実は濃厚な海老ミソと海老ダシがしっかりとけ出てきます。頭を木ベラなどでぎゅっとおさえて旨味を出します。塩で味を整えてソース完成。

③パスタの茹で汁を加えてゆすり、乳化させる。混ざったら湯切りしたパスタを加えてよく混ぜる。

海老をのせて完成!

1.5人前くらいの量でやったので、アジアの焼きそば盛りみたいになってしまった。小分けしていただきます。

これ、ソースがかなりうまいです!海老だしとミソがよく溶け出て麺に絡まってる。やはり海老にはリングイネか?濃厚甲殻ソースにやや平たいパスタが最高に合います。

海老も殻ごとパリっといくと、濃厚な旨味がぎゅっときます!お刺身よりも旨味を強く感じる。しっぽ以外は殻ごといけますね。

なんて使い勝手がいいんだ!

リピートは?

また復活したら絶対にリピですが、それぞれ単体でもやる価値ありです。

ふるさと納税×天使の海老で検索!

計2kgで色々アレンジして食べても、まだまだ海老1/3以上、ホタテも半分くらい残っている余裕。

美味しいし、他にもいろんな食べ方を探究できそう。日本の地方の恵み感は薄いけど、すごく良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です